●一般診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-50-5929

一般診療TEL03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-70-5929

一般診療TEL03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木・日・祝日休)

背の高い女性は注意!!高身長だと乳がんのリスクが高まります。

背が高いことが乳がんのリスクを高める、って言われても・・・。

こんな食生活をしているとがんになりやすい、こんな身体的な特徴があるとがんになりやすい、とかく色々な話があますね。一般書籍レベルだと「がんになりたけりゃ〇〇しなさい!!」って命令調のタイトルが受けているようですが

乳がんに対するリスクとして高身長、つまり背が高い、があります

実は背が高いことが乳がんのリスクを高めること、恥ずかしながら私はあまり意識していませんでした。というのも乳癌であると診断される人の数を数十年前と比較したら、今の女性のほうが栄養状態・健康状態が良いはずなんで当然高身長ってことになりますもんね。

http://honkawa2.sakura.ne.jp/2182.htmlより

このグラフからわかるように女性の身長はここ数十年でガンガン伸びています。となると、平均寿命の伸び+女性の高身長化に伴い当然の結果として乳がんと診断される人は高身長との結果になるんじゃないの的に解釈していたら、これが大間違いでした。

乳がんと診断されている日本人女性はこのグラフのように右肩上がりで増加しています。

高身長だと乳がんになりやすい説の医学的な根拠

乳がんのリスク因子として乳癌になった家族がいる、閉経後の肥満、飲酒習慣、喫煙があります。これらの乳がんリスク因子は「なるほどな」って素直に納得できるのですが、高身長だと乳がんになりやすい説はどんな根拠があるのでしょうか?たぶん「Body size and risk for breast cancer in relation to estrogen and progesterone receptor status in Japan.」(Ann Epidemiol. 2007 Apr;17(4):304-12)が一番有名であり信頼度の高い医学研究だと考えられます。この研究論文は40~69才の日本人女性55537人を対象としたもので、10年近く追跡調査したデータをもとに解析されたものです。この結果として

背が高い女性ほど乳がんになりやすいことがわかりました

疫学の結果に関して「それって外国の話じゃん」とか「ほかの要因の影響も受けるはずだから」とか「私のお母さんは背が低いけど乳がんになった」(これは医学的科学的検証としては論外)とのご意見が出ます。しかし、これはサンプルサイズは十分であり、日本人に関して調べたものですから

背が高い女性は乳がんに気を付ける必要がある

と言ってしまって問題はないのはずです。肥満や喫煙、そして飲酒はご自身で注意してコントロールできる乳がんのリスク因子ですが、背が高くなってしまった女性は今後どうすればいいのでしょうか?

高身長と乳がんのリスクの関係は成長ホルモンや女性ホルモンが関係していることが強く示唆されていますが、まだまだ原因と結果としての因果関係は十分にはわかっていません。

背が高い女性が乳がんにならないためにできることは

健康ですくすく育ってしまった高身長の女性。いくら乳がんのリスクが高まるとしても背を低くすることはできません。そうなると自分はほかの人より乳がんになりやすい傾向がある、とのご自覚をお持ちになって肥満にならないような食生活を送り、過度の飲酒を控え、当然のこととして禁煙をすることである程度のリスク回避はできます。

著名人ががんになってしまった、あるいはがんで亡くなった場合「がんはとにかく早期発見が肝心です」といったご意見がメディアに掲載されます。さらに「乳がん検診を受けましょう」レベルを超えて医療機関の中には「とにかく乳がんのチェックをしましょう。人間ドックでも乳がん対策(オプション)は念入りに」と主張されるところもあります。

ここで注意が必要なことは

なんでもかんでもがんを発見するといわれている検査を受けてもなんの利益も得られない場合がある

ことです。例えば行政が行っている乳がん検診は40歳以上となっています(日本対がん協会等)。この年齢以下で乳がん検診の一方法として有名なマンモグラフィを受けたとしても、それが早期発見となって生存率を高めるというデータがないのです。

人間ドックのオプションで20-30歳代でマンモグラフィを勧められた方もいらっしゃるようですが、次回からはほかの人間ドック受診をした方がいいかもしれません。国としてもがん患者さんをいかに減らすかに力を入れているので、お金に余裕がある人しか人間ドック受けられないじゃん、ということが無いようにするために「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」というなの通知を出して40歳以上の女性を対象に二年に一回の問診とマンモグラフィを推奨しているのです。この乳がん検診は無料ですが、受診率が上がらない問題点として

仕事や家事が忙しくて乳がん検診を受ける時間がない!!

といったユーザビリティ関連があるのですが・・・二年に一回くらい時間を取れないことって現実問題としてあるのでしょうか?仕事をしていても当然の権利として有給休暇もあるでしょうし、いくら家事が忙しくても半日くらいは時間とれないかなあ、それも二年に一回ですよ。仕事が忙しくて乳がん検診が受けられない理由として「日曜日に乳がん検診を行っている医療機関が無い」があるのですけど、そんな方は日曜日に乳がん検診を受けられる医療機関を探していないんじゃないでしょうか?

http://jms-pinkribbon.com/jmsclinic.html

こんなサイトもあるのでぜひご活用いただき、医学的疫学的根拠のある乳がん検診を受けていただきたいと思います。