フェイスリフトアップ手術して40ウン才で月収400万に仰天した話

この話は実際に当院と患者さんの間で数年間で起きた出来事です。

整形したら大金持ちになったお話

貯めてきた子供の進学資金で治療を始めた

数年前、中年の普通の女性がボトックス治療を希望して、当院を訪れました。当院のボトックス治療は普通の主婦でも可能な金額設定なので特に不思議に感じませんでした。

翌月にも当院を訪れて今度はヒアルロン酸の注入を希望されました。目立つしわが無くなって表情が明るくなったことに満足されていました。元々綺麗な顔立ちをしている方だったのですが、いわゆる生活にお疲れの様子でした。

お話を進めている内にご主人は既に亡くなって、お子さんが大学受験を控えているとのことでした。深い事情がありそうでしたが詮索は禁物です。

子供が大学に合格した!

嬉しい報告電話と共にリフトアップの手術の申し込みがありました。カウンセリングの時に、ご苦労したお話を聞かせていただきました。

ボトックス、ヒアルロン酸はすこしでも苦労を隠すために、表情を明るくしようと思って行ったとのこと。

女手ひとつでお子さんを大学に進学させるためにパートでコツコツ貯金をしてきたこと。 お子さんが合格した大学が国立であったため、準備していた貯金に余裕ができたので 自分へのご褒美としてリフトアップ手術を希望されたとのお話でした。

いつもお話をウキウキしてくれる患者さんで、表情もニコニコされて苦労話をしていただきました。手術後も、定期的に肌のメイテナンスのために、真面目に通院されていました。

キャバクラで働きだした

ご本人はもともと明るい性格で、リフトアップ等の治療をされたため、実年齢より20歳は若く見えます。ショッピング中にスカウトに声を掛けられてキャバクラでお仕事を始めたと定期的な肌のメイテナンスであるケミカルピーリング中におっしゃっていました。

スタッフ一同、「へーそんなことがあるんだ」と患者さんとの話は弾みました。

テレビ番組に出てきてびっくり!

あるときその患者さんがテレビに出ていました。掛かりつけの美容クリニックとして、当院のことを話してくれました。

インタビューに答える患者さんの発言「今、キャバクラで働いていて月収400万円です!」に私は飛び上がるくらい驚いたぞ!!

翌日のクリニックは「400万だって!」が飛び交いました。

当院で美容整形した月収400万円の患者さんの後日談

その番組を観た方から不思議な電話があったことを付け加えておきます。

お問い合わせしてきた方
番組を見た方

あのう、私月収400万円必要なんですが、そちらに伺えば稼げますか?

桑満おさむ

いくらなんでもそれは無理です!

執筆者情報

桑満おさむ医師

このブログ記事の筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

医学情報を、難解な医学論文をエビデンスとしつつも誰にでもわかるようにやさしく紹介していきます。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読するfeedlyで五本木クリニックのブログをinoreaderで購読