●一般診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-50-5929

一般診療TEL03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-70-5929

一般診療TEL03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木・日・祝日休)

有名人ご愛用ニセ医学、謎の生体エネルギーと電気誘導翻訳装置、広告塔にならないことを祈ります

生体エネルギーは擬似医学、エセ医療の典型例です

EXILEのATSUSHIさんが通常の科学・医学の解釈では疑問符だらけのグッズを愛用していることが、先週の週刊文春で取り上げられていました。擬似医学・インチキ医学に対して批判的なブログを多く書いてきましたが、今回のATSUSHIさんの「生体エネルギー」系の癒しグッヅに関する記事は必要以上に興味深く読ませてもらいました。

EXILE ATSUSHIさんがハマる謎エネルギー装置
http://dmm-news.com/より

EXILEはもちろんオッサンでもよーく知っているグループであり、見かけはゴッツく、本当は優しいというイメージのATSUSHIさんがばっくりハマっている生体エネルギー、電気誘導翻訳装置の効果を信じる・信じ無いという二元論で理系の私が一方的に評価することは不適切かもしれません。

ふた昔前「オ◯ム真理教」という新興宗教があり、オカルトでありながら、もっともらしい科学的思考を取り入れて理系の信者さんをがっつり獲得していました。頭では「不可解」であることを理解できていても、感情面・情緒面では「これは合理的では無い」「科学的思考に適していない」ことを受け入れない精神状況もありうるのです。オカルト系一見科学的一派はそれを上手く利用して、殺人まで犯す事件を起こしているのですから(ナチュラル至上主義の癖に、彼らは信者に超常現象を信じ込ませるためにLSDという非常に化学的な薬物を使用していたことが今になって判明しています)。

EXILEのATSUSHIさんクラスになると、凡人では計り知れない内面の葛藤もあることが予想されますので、ATSUSHIさんが生体エネルギーにどっぷりハマっていることは、論議の対象とはしないで、生体エネルギー系グッヅの科学的・医学的効果のみを検討してみます。

そもそも「生体エネルギーの定義」とはどのようなものなのか?

物事を論議するために絶対的に必要なものは「定義」です。定義が不明確な問題に対して賛成・反対の意見を述べることは時間の無駄ですし、お互いに論議のテーマに食い違いが生じてしまいます。今回話題とする「生体エネルギー」の定義をまずははっきりさせる必要があります。

EXILEのATSUSHIさんが愛用している生体エネルギー系グッヅと思われる商品のサイトでは

生体エネルギー 佐藤政二氏が提唱した理論。「土の中には目に見えないエネルギーが存在するのでは?」と30年以上農業の研究を続け、「連作障害」の克服に成功。この理論が発展し、現在さまざまな分野で応用されている。

となっています(http://www.thd-web.jp より)。ここのサイトでは電気誘導翻訳機もゲットできまーす!!
佐藤氏が述べられているように、多くのエネルギーは目で確認をすることができないのは、原発事故の放射性物質を考えても理解できますし、通常使用している電気だって「目に見えない」ですよね。

他の生体エネルギー系グッヅ紹介サイトでは

情報と情報をつなぐ力。また、情報を記憶したり、それを伝える時に働く仮想のエネルギーです。異なるものがもつ固有の情報と情報をひとつにまとめて新しい機能や内容を発揮させること、つまり同化力です。そのものが本来もつ可能性を最大に引き出すことを可能とする力、すべての命を励起するエネルギーです

株式会社シマムラのサイト だいすき「オリーブ」ありがとう「水」より

ここでは「仮想のエネルギー」って開き直っちゃっています。笑

これって例の波動系!!

トンデモ系に興味にある方はこれらの文章を読んだら「ああ、波動系ね」と即理解できるキーワードがちりばめられた説明文です。

波動という用語は厳格な定義が必要となる物理学用語ですが、物理学で使用する波動は「Wave」であり、あっち方面の用語の場合は「Vibration」であることを良い子の皆さんは覚えておいてくださいね。

この生体エネルギーの説明に共通点はありますか?この二つのサイトは同じものを示しているとは思えませんよね。共通点は一つだけ「目に見えない」という点だけです。定義がはっきりしない「生体エネルギー」を対象に科学的・医学的に論じることが不可能なのです。

電磁波の影響を電気製品で遮断する不思議な生体エネルギーの世界

日本に電気という概念が登場したのは平賀源内がエレキテルという機器を広めた江戸時代末期です(初めてエレキテルを日本で知ったのは平賀源内では無いという説もあります)。このエレキテルは摩擦によって発電して、電極間で放電させることで「エレキテルの中に雷が入っているんじゃないの」と当時の日本人を驚かせました。実は

このエレキテル本来の役目は医療用治療機器だったのです!!

江戸時代から電気は目に見えないのに、スパークはするは、触るとビリビリするはで、不思議がいっぱいのエネルギーでした。これを神経痛や心の病に利用できないか、と当時のヨーロッパの人が考えて、医療機器と考えられ日本に入って「エレキテル」という不思議な見世物になってしまったのです。電磁波を怖い、怖いと感じている人も多いようですが、電気と電磁波の違いは単に電線を通るか、空中を通るかの違いだけであり、エネルギーとしての本質的な違いはありません。

この電磁波の恐怖(笑)から体を守る為のグッヅがATSUSHIさんが凝っている生体エネルギー系の商品として紹介されています・・・でも、この電気誘導翻訳機などのグッヅはサイトを見る限りは、どう見ても電気を使用しているようですけど。まあ、「毒をもって毒を制す」という諺もあるんで、良しとしましょう。

あくまで使用した個人の感想ならいいけど

今回の生体エネルギー騒動ですけど、あくまで個人が使用して、それなりの効果を感じるなら問題は無いと考えます。しかし、有名人であり若者からオッサンにまで大きな影響があると予想されるEXILEのATSUSHIさんですから「生体エネルギーを利用してモテモテ」とか「生体エネルギーグッヅで金運が上向きに」なんて広告でもあったら多くのオッサンが引っかかることは間違いないでしょう。今だにパワーストーンなどの開運グッヅや怪しげな健康グッヅがオッサンや女子が好む雑誌に掲載されていますから。

さすがに今回話題となった生体エネルギーグッヅをパワーストーンや数珠のように気軽に購入できるオッサンはいないと思います。だって、ATSUSHIさんご愛用のグッヅの最高級バージョンは235万4400円!!ですから。

人間って自分が良いと信じたものを人に教えてあげる、という行動をとりがちです。くれぐれも有名人の方は宣伝活動を仕事といえども行う場合は慎重にお願いします。

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読する