●一般診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-50-5929

一般診療TEL03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-70-5929

一般診療TEL03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木・日・祝日休)

使いかけのコスメはバイキンが一杯、じゃあ、消毒する方法はあるの?

以前、スマホってかなりバッチイから気をつけてね、とブログでお伝えしたところ予想外に好評でした。

「先生のスマホは病原体ウジョウジョの記事を読んで、気をつけたら今シーズンは風邪を引きませんでした!」とのうれしい報告も多数頂いています(3人の方の話を多数と呼ぶかは別問題)。

今回は、使いかけのコスメは予想以上にバッチイ、下手すりゃ感染リスクも増加するかもしれないよ、って話をさせていただきます。

使いかけのコスメの微生物汚染、気をつけたほうが良いかも

GWに有り余った時間、ついつい家の掃除を始めてしまう人も多いのでは?家の中で以前から気になっていたのが家人のドレッサー周辺に散乱したコスメ類。お化粧するのにあんなに多種多様のコスメが必要なんでしょうか?

このようなことを口にしてしまうと、もともと少ない女性ファンをさらに減らしますし、いつものように女性心理を理解できない院長とスタッフに陰口を叩かれるのは必至。

でもさあ、使いかけのコスメってめちゃくちゃバッチイからね。

皆さんの周囲もこんな感じではないでしょうか?この画像は私が身近で撮影したものですが、ごくごく一部です。

我が家の散らばった化粧品たちの様子

全貌をお見せすると、たぶん家庭崩壊が起きますので、ごくごく一部であることをご理解ください(「ごくごく一部」を繰り返し強調笑)。

コスメの使用期限ってご存知でしょうか?

コスメって意外と知られていないけど有効期限というか、消費期限というか、使用期限があることご存知でしょうか?

未開封のコスメは製造から3年間が使用期限

と一般的には考えられています(複数のコスメ関連ウェブサイトより)

でも何故か使用期限が明記されているコスメは稀だと思います。まあ、ウェブサイト調べというのも、信頼度の面でちょっと不安なので法律関連をちょっと調べてみました。

医薬品医療機器等法の61条第三号で使用期限を省略すること許されているのですね。

東京都健康安全研究センター 「医薬品医療機器等法における化粧品の表示」(http://www.tokyo-eiken.go.jp/k_yakuji/i-kanshi/cosme/c_label/)より

ちなみに海外のコスメにはこのような記載があります。

広口瓶の蓋が開いた図とともに「18M」と書かれていますよね、これは開封してから18ヶ月が使用期限だよ、との意味です。

うんちくはこの辺りにしておいて、使いかけのコスメは予想以上に汚染されていて下手すりゃ病気になる可能性もゼロではないことをお伝えします。

使いかけのコスメはバイキンが一杯、感染症の原因となるかも?

これはなにも私が独自の解釈で言い出したことではなくて、海外の研究論文が伝えていることです。

「Microbiological study of used cosmetic products: highlighting possible impact on consumer health」(https://doi.org/10.1111/jam.14479)、これをざっくり日本語に訳すと「使用済みコスメの微生物学的研究、健康への影響」という感じになります。

この論文の内容は以下のようになっています。

使いかけのコスメ、口紅・リップグロス・アイライナー・マスカラ・beauty blenders(これ何?)に付着している微生物を調べた。

使いかけのコスメの90〜79%から微生物が検出された(微生物って、いわゆるバイキン)。

検出された微生物は黄色ブドウ球菌・大腸菌・シトロバクターなどであった。

との結果になっています。上記の3つの細菌類は私が専門とする膀胱炎の原因菌としても知られています(大腸菌が圧倒的に多い)。

まあ、コスメ経由でなんらかの感染症になった、あるいはコスメに付着していた微生物が原因となって感染症を発症したとの因果関係が明確になっている医学論文はいまのところ、私は発見していません(というか、捜索はしていません)。

お手洗いで化粧直しをしている方も多いそうです(目撃していたら私は速攻アウトだけどね)。お化粧をするなら、しっかり手を洗ってからにしましょうね。

コスメ汚染対策、消毒は無理っぽい

使いかけのコスメを微生物の汚染を避ける方法としていくつか考えられます。

化粧をする前にはしっかりと手指消毒をする

でも、そもそも皮膚には常在菌が存在するので、やっぱりコスメは汚染されてしまいます。

コスメを使用するたびにアルコール等で消毒をする

これもダメ。化粧品の成分はかなり複雑になっています。口紅を使用するたびにアルコール消毒したら、形状の変化、色素の変化等の異変が生ずる可能性があるかもしれません(この辺りの詳細は今回は省略)。

コスメをまめに紫外線に当てる

これ結構良さそうかもしれませんね。でも日光消毒したとしても、日光つまり紫外線が当たる部分しか殺菌効果は期待できませんし、日光の熱で形状が変化しちゃう可能性が大です。

結論として、開封したコスメは早めに消費しましょう、ってことになります。

コスメの汚染の仕返しとして、先程私の本棚と屋根裏と倉庫にある書籍類の微生物汚染問題はどうなのよ〜っ!!とお叱りの声を家庭内で画像撮影時に喰らいました。

メルカリで使いかけのコスメが売られていて冷や汗が・・・

家人と娘が使いかけのコスメをせっせとパッキングしている姿を見て、「何してんの?」と尋ねると、「メルカリ売るの」と驚きの回答を得たのが、2年ほど前のことだったと記憶しています。

「使いかけのコスメなんて買う人っているのかなあ???」とさらに聞いて見ると、「かなり売れるんだよねえ・・・」とのこと。

どんな人が知りもしない赤の他人の使いかけのコスメを買うのかと思ったら、試供品代わり、色味をリアルに確認したい需要があるそうです。

https://www.mercari.com/jp/search/の「口紅 中古」で検索した結果です。

へえ~、と感じつつ昨年青森に旅行に行ったついでに、繁華街のデパートを覗いてみてびっくり。

普通、デパートの1階って海外のコスメブランドで埋め尽くされているはずなのに、海外の有名ブランドのコスメショップはほとんど入っていませんでした。

都内で暮らしていると地方格差等はわかっているようでも、細かい点では感じにくいです。何事も便利であることが良いことである、とも思いません。

本来ならばGWを利用して、地方に出かける予定でしたが、2020年のGWは「STAY HOME週間」とのことです。しかし、これ週間じゃなくて、月間になりそうな勢いじゃん。

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読する