一般診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-50-5929

一般診療TEL03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

美容診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-70-5929

一般診療TEL03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木・日・祝日休)

母親を「鮭やマグロは有害物質を含有」で危機感を煽る能力開発・知能UP専門家はやっぱりトンデモさん!!

水銀やPCB(ポリ塩化ビフェニル)が人体に有害であることは医学的な常識です。水銀・PCBを含む食物を食べた母親によって胎児や母乳で育てた乳児にも危険は及びます。

鮭やマグロは水銀やPCBで汚染されているので、胎児や乳児に悪影響説を悪利用???

先日ブログで取り上げた幼児教育・障害児教育の専門家の記事でもそのことに触れられています。しかし、鮭が汚染されているので危険だとの話は「ピンクサーモンはPCBに汚染されている」とのデマを聞きかじり、もっともらしい話にまとめたと思われます。

マグロや鮭も「オメガ3」の含有量は高いのですが、これらの大型魚は食物連鎖の頂点にいるので、水銀やポリ塩化ビフェニル(PCB)などの有害物質を含有しているため食べすぎは禁物です。

と書かれて次に

特に発達障がいの方は解毒力が低い方が多いので、避けた方が良いでしょう。妊婦さんや授乳中のママも、胎児や乳児がこれらの有害物質の影響を受けやすいので注意が必要です。もちろん、ツナ缶もマグロであることを再認識しておきましょう

と書かれています(http://koarubiyori.jp/column/11427より)。ツナ缶のマグロって危険なのでしょうか?

鮭とピンクサーモンは別物です

ネット上で有名なデマと考えられているブログとして「ピンクサーモンは超危険な有害養殖魚」(http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/417655265.html)があります。
    ↓          ↓         ↓
ピンクのサーモン(ノルウェー産)は超危険な有害養殖魚!__新発見。BLOG

以前取り上げたトンデモ系のフードプロデューサーさんも同じような記事を書いています(http://biz-journal.jp/2015/08/post_11335.html)。

このデマを目にして能力開発・知能UP専門家は「サーモン=鮭」と思い込んだのではないでしょうか?でも鮭とサーモン、特にピンクサーモンって全くの別物なんですけど!!やはり昔から言い伝えられているような気がしないでもない格言、

トンデモさんは他分野のトンデモさんの非常識話を利用する

が意外なところで証明されました。トンデモさんやデマをまき散らす人って元ネタの一次ソースを確認する作業は全くしませんし、数量の概念が決定的に欠落している特徴を有しています。

デマブログの元ネタは「Comment on Contaminant levels in Norwegian farmed Atlantic salmon (Salmo salar) in the 13-year period from 1999 to 2011 by Nøstbakken et al.」(Environ Int. 2015 Jul;80:98-9.)と思われますが、これって養殖した「タイセイヨウサケ」のことなんですけど。

トンデモさんがインスパイアされたと思われる「ピンクサーモン」はマスなんで鮭とは別の生き物です。日本では「シロザケ」のみを本来は「鮭」と呼びます。「食育」もNPOの活動内容にあげているのですから、母親に混乱を与える情報の発信は控えるべきでしょうね、能力開発・知能UP専門家さん。

ツナ缶にも注意!!ってツナ缶に入っている魚を調べたんかい??!!

さらにデマをおっしゃっています。ご丁寧にもツナ缶はマグロです、って述べています。マグロは確かに水銀に汚染されていることがあり、妊婦さんはマグロステーキは2切れ以上、またはマグロ缶詰4缶以上は食べないように警告はされています⋯英国ですけど(http://webarchive.nationalarchives.gov.uk/)。

ちなみにツナ缶の代表「シーチキン」は「びんながまぐろ」「きはだまぐろ」「かつお」で構成されていています。海外で水銀が含まれているので危険とされているマグロは「タイセイヨウマグロ」であり、シーチキンには入っていません。もちろんツナ缶ばっかり食べている妊婦さんは万が一のために食べ過ぎには注意ですけどね。

日本ではこんなに親切な冊子が厚労省から出ているのに、行政に認められた特定非営利活動法人の理事長さんがご存知ないのでしょうか?

051102-2a_pdf

厚生労働省サイト
より 単に「食べ過ぎは禁物」で終わらないで目安を書いていただきたかった(あっ、そうかそのようなことはセミナーを受けないと教えないんだ、きっと)。

なんで油の危険を訴えてオメガ3を推奨するのか、その理由

NPOは特定非営利活動法人のことですから、利益を上げてはいけないと思い込んでいる方も多いかもしれません。実は利益を上げてそれを目的の活動に使用することは禁じられてはいません。

それを前提で申し上げますとこのNPOの活動に参加した方はなぜかサプリを購入しているのです。フラクトオリゴ糖・フィッシュオイル(オメガ3系ですね)等と例のニセ医学の典型である酵素ジュースまでです。さらにさらにデトックスリキッドという不思議なサプリも購入しています(http://opensoto.web.fc2.com/ktlg.html)。こちら「長男の発達障害の改善のために与えているサプリメントを紹介します」も同様です。

あくまで妄想ですが、関連した会社が開催しているセミナーだか、講習会に申し込んで参加して、洗脳されて買っちゃったんじゃないでしょうか?

関連エントリー
自閉症の原因は水銀ではないし、「キレート治療」で治すことはできません