●一般診療のお問い合わせ

0120-50-5929

03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

0120-70-5929

03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木曜・祝日休)

院長ブログ

昭恵首相夫人がハマっている「波動理論」ってなんだ?

トンデモウォッチャーの観察対象である「波動系さん」

今週の週刊文春(2017年4月6日号)で「安倍昭恵夫人”神っている”破壊力」という記事が掲載されていました。その中で昭恵夫人に影響を強く与えた考え方として故・江本勝さんの「波動理論」が出てきます。トンデモウォッチャーの間では「ああ、これは波動さんねっ!!」と分類されるニセ医学・疑似科学分野があります。ある程度ニセ医学・疑似科学を知っている一見懐疑論者の中でも、会話を続けていると「波動だけは信じている」との驚きの発言を耳にしたことが複数回ありました。

私の持っている江本勝さんの著作「波動時代の序幕」(サンロード出版)は15刷!!どんだけビリーバーがいるんだよ。

波動理論は通常は理性的な判断ができると思われる人でも惑わされちゃう、トンデモ医学方面における手強い相手

と認識しております。

波動医療というトンデモない代替医療というかニセ医学の拡散力の恐怖!!ニセ医学が典型医療をおびやかす。

首相夫人だからニセ医学ビリーバーであってはならないとは考えません。波動理論は疑似科学理論のよって裏付けられているニセ医学であるのは間違いないと考えても、信じる信じないはその人個人の問題ですから。

しかーし、今回の森友学園騒動などの影響を鑑みると、首相夫人という立ち位置はご自身が自覚している以上に波紋を呼びます。万が一、悪質な波動系業者はが「安倍首相夫人である昭恵さんもこれを使用しています」的な謳い文句で波動系グッヅを売りかねません。

私は今までに何回も波動系医療の胡散臭さをお伝えしてきました。今回の週刊文春の記事で初めて波動理論なるものを知った方もいると思います。週刊文春では波動理論の詳細は書かれていませんので、しつこく私がどんだけ胡散臭いものかをお伝えします。

量子力学の世界では波動という言葉はあるが・・・

量子力学、って聞いちゃうと非常にアカデミックな香りがしてきます。アインシュタインの相対性理論で説明がつかない現象を説明しちゃった量子力学って捉え方もされています(物理専門のオッサンのツッコミは禁止)。波動理論はその量子力学における「物質の波動性」を上手く利用して、いかにも科学的な裏付けがあり、と思わせるような手法を用いているのです。

波動理論における波動と量子力学における物質の波動性は字が同じだけであり、全く関係がありません。波動理論をざっくり説明すると物質が限りなく小さく分解された状態である原子や素粒子が振動しており、その振動を波動である、と考えることが基本となっています。

下手に物理の知識があると量子力学では波動を説明する際に微分方程式や複素数や時間が出てきて、かなり高度な物理学であると認識してしまいます。そういえば物理の授業で波動って言葉が出てきたなあレベルの方にとっては「波動理論 = しっかりとした学問」と思い込んでしまう可能性もあります。この波動理論はトンデモ医学方面に多大な貢献をしているんです。

波動整体療法はニセ医学・疑似医療のドンキだあ!!笑

波動を計測する波動測定器

物理の世界で確認されている波動があるなら、それを測定する方法があるんじゃないか、と普通は考えます(実際は量子力学における物質の波動性を私たちが身近で感じることはできません)。

波動理論では宇宙のエネルギーは波動であるし、人間の病気も波動の乱れであるし、食べ物もそれぞれの波動を持っていると考えます。しかし、波動理論信者さんが使っている波動はvibrationであり、物理学で使用される波動はundulationあるいはwaveなんです。波動理論系を信じ込んで著作物を多数出されている医療関係者もいらっしゃいますが、自分が使用している波動が実はpsychic vibrationであり、量子力学あるいは一般の物理学で使用される波動とは似ても似つかぬものであることをご存知ないようです。

疑似科学である波動理論の波動を測定する機器としてMRA(MRIじゃないよ!!)があります。正式名称はMagnetic Resonance Analyzer(共鳴磁場分析機)と呼ばれているようですが、これを分解して調べた方によれば、単なる嘘発見器レベルのものであったそうです。世の中に存在しないものをいい加減な機器で測定して、その結果を利用して医療に貢献している方もいるようです(苦笑)。

水が記憶するというトンデモ話の理論も波動だよ

「水からの伝言」ってご存知でしょうか?なんでもその話によれば水に「ばかやろう」って話しかければ、その結晶は汚いものになります。もちろん「ありがとう」と感謝の言葉をかけると、その結晶は綺麗になっちゃうんだって。これは明らかにトンデモ系の疑似科学なんですが、これを教育の一環として取り入れてしまったそそっかしい教師の存在が報告されています。道徳的な教育をするためか、純粋な理科の実験として行ったかは様々なようです。この水が言葉を認識して、水はなにがしらのメッセージを伝えるとのおとぎ話を科学的(?)に説明するために使用されるのが波動理論。

宗教チックなナチュラリストは思想信条上の問題であり、とやかくいうつもりはありません。しかし、思想信条の領域を超えて、あたかも科学であるかと思わせる波動理論は問題です。ナチュラリスト方面の交友がある方は友人・知人が「波動」と言い出したら要注意を考えて間違いないです。