原口一博議員、原発事故の処理水関連でトンデモデトックスサプリ広告記事を引用しちゃった!!

原口一博衆議院議員はトンデモウォッチャーの多くがサーベランス対象としています。

私は国会議員がご自身の意見をTwitterなどのSNSで披露することは良いことだと考えていますが、原口議員はトンデモ発言が多いことで知られています。今回、原口議員は世界中が注目している福島の原発事故に関してインチキサプリ推奨記事を引用しちゃいました。

国会議員が放射性物質のデトックスサプリの広告を引用しちゃダメでしょ!!

つい数日前、時々トンデモ発言で賑わせてくれる立憲民主党の原口一博衆議院議員がこのようなツイートをしました。

スクショですいません

このツイートを見た私は脊髄損傷的にこんなツイートを。

原口議員のツイートの内容はさておき、引用先が問題なのです、引用したlinked.comに投稿されている記事は

「フルボ酸」という放射線被害をデトックスすると称しているトンデモサプリの広告なんだもん!!

https://www.linkedin.com/pulse/japan-has-discharged-nuclear-sewage-ocean-how-can-we-protect-brown

このフルボ酸、人体内の重金属をキレートしてデトックス効果を示すと称する効果でトンデモさんおよびトンデモ系ニセ医学信奉者の間ではわりと古くから知られていたインチキグッヅなんだよなあ。

フルボ酸のインチキ度に関しての詳細は近い将来、別のブログ記事として書くことにしますね、いつも「パパのブログって長い」との苦情を家庭内で浴びていますので。

そもそもフルボ酸が放射性物質をキレーションしてデトックス効果があることなんて、医学的にはまったく証明されていないのに、原口議員はそんなトンデモ投稿を引用してしまうとは⋯・福島の原発事故の影響を表したイラストを使いたかったのでしょうけど、よりによってトンデモインチキサプリ関連記事を使ってしまったのは、「引き寄せの法則」なのか、常日頃からトンデモ記事をお読みになっているのか(笑)。

原口議員は現在は謝罪して、当該ツイートを削除しています。

フルボ酸を使ったデトックスやキレーション効果とは?

デトックス(detox)という科学風・医学風用語が世の中を飛び交っていますが、まっとうな医学でデトックスという言葉はまず使用しません。代替医療で体内の毒素や老廃物を体外に尿や汗やうんちで排出することをデトックスとよんでおり、「出産は最大のデトックスだ!!」というかなりヤバい発言も見受けられたりするのがデトックス界隈です。

原口一博衆議院議員が引用してしまった、「フルボ酸(fulvic acid)」は原発事故以降、ぼちぼち見かける放射線に汚染された物質を除染する、あるいは放射線の被曝から見も守るためのデトックス効果あるいはキレーション効果(chelation) があるとして、マルチ商法と呼ばれる手法で販売されていた、トンデモ系ニセ医学グッヅとしてトンデモウォッチャーには知られていました。

トンデモといわれようがニセ医学と言われようが実際にデトックス効果やキレーション効果があるのであれば、百歩譲ってマルチ商法で売られていても良しとするくらいの大人の判断は最近の私は持ち合わせています。

しかし、国会議員が非科学的ニセ医学グッヅ、それもマルチ商法の商材として知られているフルボ酸の広告ページを原発事故にともなう処理水問題のツイートで使用しているのですから、謝罪後にツイートを削除したとしてもそれなりの問題があるのではないでしょうか?

フルボ酸はたしかに放射性物質を吸収するけど

フルボ酸は土壌に含まれている腐植物質の一つで、農業を行う上での研究は多数論文となっています。

一方でカシンベック病(Kaschin-Beck)と呼ばれるチベット地方に見られる病気があり、カシンベック病は軟骨の代謝異常症でありでありヒトにとっては必要な微量元素であるセレン(元素記号Se selenium)が関連していると考えられています。

土壌中にセレンが不足する原因の一つとしてフルボ酸を多く含む土壌が原因なのではとチベットにおけるカシンベック病の研究として、動物実験で確かにフルボ酸がセレンの蓄積を防いだように見える結果を導いた論文があるにはあります。しかし、これらはあくまで動物実験、マウスやラットが対象のものであり、研究目的は前述のカシンベック病の研究です(「The effects of humic acid on the chemical and biological properties of selenium in the environment」PMID: 2954209など)。

セレンとカシンベック病の関係に関して否定的な研究もあることをお伝えしておきます(参考文献:「カシンベック病の病因の解明」研究課題/領域番号06044145 科学研究費助成事業で日本の研究者が1994年に行っています)。

フルボ酸のデトックス効果は?ヒトでは皆無だよ

念の為に、医学論文データベースであるPubmedでフルボ酸が放射性物質をデトックスする、あるいは放射線障害を防ぐ効果があることをヒトを対象とした研究があるかを調べてみました。結論として

フルボ酸のデトックス効果を示す科学的手法による研究はゼロ!!

まあ、デトックスという言葉自体が標準医学で使用するものではないのでしかたはありませんけどね。

原口議員は引用した記事をスクロールもしなかったのでしょうか?少しスクロールすればすぐにこんな文章が現れます。

Fulvic acid promotes liver metabolism, maintains the balance of liver function, and enhances liver detoxification function

ざっくり要約すれば、「フルボ酸は肝臓の代謝を促進し、解毒機能を強化します」ってことですよね。英語でツイートしているのですから、これくらいの英文はご理解できるはず。さらにこの文章の上には

As early as the 1960s, Italy conducted research on the fusion and the excretion of fulvic acid on heavy metals and radioactive elements.

とも書かれています。イタリアでは1960年代にフルボ酸が放射性元素を排泄する研究が実際にあったのであれば、原発事故直後に原口議員はフルボ酸が放射性物質の曝露被害に効果がありそうなことを伝えて検証をしなかったのでしょうか?原口議員って原発事故時の与党に所属していませんでしたっけ?

トンデモ発言でトンデモウォッチャーの注目を集めて楽しませてくれる原口一博議員、ぜひ「と学会」にお招きしますので、お持ちのネタを披露してください。くれぐれもTwitterなどのSNSでトンデモをご披露されると、疑うことをしらない純朴な国民の一部が惑わされてしまいますので。

執筆者情報

桑満おさむ医師

このブログ記事の筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

医学情報を、難解な医学論文をエビデンスとしつつも誰にでもわかるようにやさしく紹介していきます。

詳しいプロフィール

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読する