メタバリアEXの痩せる成分を詳しく調べてみた。

富士フイルムのメタバリアEXというダイエット系サプリメントを試してみました。

私は今までも数々のダイエットサプリメントや漢方薬を評価してきたのですが、日本有数の企業である富士フイルムが効果の無いダイエットサプリを開発・販売するわけないじゃんとの先入観のもと、早速しっかりと広告を踏みつつ、14日分500円のお試しを申し込みました。

メタバリアEXの糖の吸収を抑えて、腸内環境を整え、BMIを改善する効果は本当?

メタバリアの効果・効能というか、ダイエットに効く仕組みは

  • おなかの脂肪体重を減らす
  • 糖の吸収を抑える
  • 腸内環境を整える

ということらしいです。ダイエットに効果あり!!と広告すると薬機法などの様々な法律に抵触するための表現なんでしょうけど、誰がどう見てもダイエットサプリメントであることに違いは無いとして話をすすめます。

私はこの広告に誘われてメタバリアEXを購入してしまったのです。

一番気になる、「おなかの脂肪体重を減らす」とは?

昨年当初よりヘンテコかつ厄介な感染症の影響で気ままに外出や旅行を控える習慣ができてしまい、テレビなんぞを視聴する時間が長くなってしまい、それにともなってお腹周りの贅肉がめちゃくちゃ気になりだした方は私だけではないと強く予想します。

メタバリアEXが機能性表示食品としてデカデカとアピールしているのが、「おなかの脂肪体重を減らす」という、ちょいと引っかかる表現。メタバリアEXをお試しの方は日本全国で数十万人くらいはいるでしょうけど、ウリである「お腹の脂肪体重」に引っかかっている人は極々少数なんじゃないかな?

おなかの脂肪を減らす、あるいはおなか周りの脂肪を減らす、おなかの贅肉をへらす、おなかの浮き輪状態を改善する、などの表現ならダイエットサプリメントとして納得なんですけど、そもそも脂肪体重って何?と私は考えてしまうのです。

メタバリアEXが減らしてくれるらしい脂肪体重の謎?

今までの人生で、「脂肪体重」との言葉を使用したことがあるのかを、皆さまにお尋ねしたいと思います。脂肪は理解できます、もちろん体重も理解できます。しかーし、脂肪体重って何?と私は素朴な疑問を抱いてしまったのです。

脂肪の重さと筋肉の重さは同じ体積であれば違うのは承知、でもさあ、脂肪体重の場合、体重って言葉が脂肪にプラスされているよね。

サプリメントであろうと、なんらかの効果・効能をイメージさせるんであれば言葉の定義は重要だと思うんだよなあ。そこで、脂肪体重とは何のことであるかを余計なお世話的に調べました、それも医学論文検索サイトの「PubMed」を使って。

1991年の論文で「The meaning and measurement of lean body mass」[1](PMID: 2046978)というのがあり、「body mass」は体重における脂肪のこと、「lean」は無駄がないことを意味しますので、日本語に直訳すれば「除脂肪体重の意味と測定」。

となると、「除」は取り除くという意味なんで、「除脂肪体重」という言葉が世界的にあったとしても、そもそも取り除く対象となる「脂肪体重」自体の定義が少なくとも医学的には為されていない可能性が出てきてしまいます。

富士フイルムともあろうものが、雑な表現「おなかの脂肪体重」を使うわけないはず⋯

メタバリアEXを購入すると小冊子が付いてきます。その小冊子でも同じく「お腹の脂肪・体重を減らす」という文言とともに※2が表記されています。

これをよくよく見てみると⋯おなかの脂肪「・」体重を減らす、じゃん!!そもそも、脂肪体重なんて言葉を富士フイルムは正式には採用していないことが十分理解でき、さすが富士フイルムと妙なところで感心してしまいました。

じゃあ、実際の効果・効能であるおなかの脂肪と体重を落とすのはどうなんだよ、と考え「※2」に関する詳細を調べました。

おなかの脂肪と体重を落とす主成分は4つ

メタバリアEXの小冊子によればおなかの脂肪と体重を減らす効果のある機能性関与成分は次の4つです。

  1. サラシノール
  2. エピガロカテキンガレート
  3. モノグルコシルルチン
  4. 難消化性デキストリン

サラシノール(Salacinol)はサラシア(Salacia)という東南アジアで見られる植物から抽出された成分でいくつかの医学系論文ではインスリンの分泌上昇は認められているのは間違いないけど⋯。

「Assessment of the effect and safety of salacinol in horses」[2]PMID: 31871413

これって「馬」を対象とした研究だよね?

メタバリアEXを8週間継続すると体脂肪面積が減少する根拠はこれ!!

素直にメタバリアEXの小冊子を読み込むとこのような記載がありました。

出典として「関ら:薬理と治療、45 (6) ,957-966,2017 」と下の方に小さな文字で書かれています。この記事のあらましはウェブサイトで確認することが可能です。

http://lifescience.co.jp/yk/yk17/jun/ab8.html

8週間飲み続けて、やっと0.8kgの減少か⋯。

メタバリアEXを服用しなくても、日々これだけの体重が変化してしまう私としてはお試しから本格的購入は躊躇してしまうのでした。

参考文献

  1. Roubenoff R, Kehayias JJ. The meaning and measurement of lean body mass. Nutr Rev. 1991 Jun;49(6):163-75. doi: 10.1111/j.1753-4887.1991.tb03013.x. PMID: 2046978.
  2. Ueda F, Iida A, Saito H, Seki S, Amao A, Yamate H. Assessment of the effect and safety of salacinol in horses. J Equine Sci. 2019;30(4):105-111. doi: 10.1294/jes.30.105. Epub 2019 Dec 18. PMID: 31871413; PMCID: PMC6920057.
 

執筆者情報

桑満おさむ医師

このブログ記事の筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

医学情報を、難解な医学論文をエビデンスとしつつも誰にでもわかるようにやさしく紹介していきます。

詳しいプロフィール

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読する