脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)とは

脂質異常症(高脂血症)とは、血中のコレステロール値、または中性脂肪値が高い病態のことです。
コレステロール自体は有害物質ではありません。むしろそれ自体は体に大切なものであり、ステロイドホルモンなどのホルモン骨格をつくる原料となります。
また、コレステロールにも種類があり、動脈硬化の原因となるLDLコレステロールという、いわゆる「悪玉コレステロール」や、逆に動脈硬化を防ぐHDLコレステロールという「善玉コレステロール」があります。

高脂血症の症状

糖尿病や高血圧症と同様に、ほとんどの場合はっきりした自覚症状がないため、症状だけで早期発見することが困難であり、血液検査で初めて分かることがほとんどです。
放っておくと、増えた脂質がどんどん血管の内側にたまってしまい、知らないうちに血管を傷つけ動脈硬化を引き起こす恐れがあります。メタボリックシンドロームの1要素です。

高脂血症の原因

原因はさまざまで、もともと先天的に持っている遺伝的要素と、後天的な要素である食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、運動不足、喫煙などの生活習慣が大きく関与しています。

怖い合併症

高血圧症合併症と同じで、血管が詰まりやすくなることや、動脈硬化から起こる心臓疾患や脳血管障害があります。これは一度来せば生命を脅かすこととなります。

診断と検査

採血により、血中のコレステロール値や中性脂肪値を測定して診断します。
中性脂肪は朝の食事や前夜の食事に非常に影響されます。コレステロールは直前の食事にさほど影響を受けませんが、基本的には空腹時に採血します。
また、当クリニックでは、健診による高脂血症スクリーニングも行っています。

当クリニックの考え方・治療方法

コレステロールを下げなくてはならない目的は、高脂血症が続くといずれは起こる合併症を防ぐことです。
治療は、まず始めに食事・運動療法が中心となる生活環境の改善です。それで十分な効果が得られなかった場合に初めて薬物療法を行っています。
残念ながら遺伝的な要素も大きいので、薬物治療が中心になってしまう患者さんも多いのが実情です。また、女性ホルモンの影響が大きいので閉経後の女性は要注意です。
直接症状が出てしまってからでは遅い病気ですので、定期的なチェックを心がけてください。

食事/運動療法

食事療法は、糖尿病の食事療法と同様に、まず1日の摂取カロリーの決定からです。
体重(kg)÷{身長(m)の2乗}(BMI)が22程度を標準体重といい、標準体重1kg当たり25〜30kcal程度に1日のカロリー摂取を抑えます。脂肪は全体摂取カロリーの1割以下とし、肉類はできるだけ避けましょう。
中性脂肪が高い場合、アルコールの過剰摂取が原因であることが多く、その場合にはお酒は控えます。
運動は食事療法と併用した方がよい効果を得られます。ジョギングや水泳など、ある程度の時間をかけて継続的に行うものが勧められます。激しい運動は必要ありません。とにかく無理はせず、長続きさせることが必要です。
高齢者や生活・仕事上に悪影響を与えかねない無理な生活指導は行っておりません。その方のライフスタイルをお尋ねしながら、個別のアドバイスを心がけています。

薬物療法

食事/運動療法を中心とした生活環境の改善を行った後、十分な効果が得られなかった場合に薬物療法を行っていきます。
現在、薬物療法はさまざまなものがありますが、当クリニックでも合併症や検査値の重症度により、複数の薬剤の中から適切なものを処方しています。

投稿日: 更新日:

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

内科|一般診療

お知らせ

07月24日
7月26日(火)の発熱外来は12:00より行います。
受診ご希望の方は、必ず電話で予約をしてください。予約完了後にWeb問診票の入力をお願いします。
07月22日
発熱外来について
7月23日(土)の発熱外来は抗原検査キットの在庫が無くなってしまったため行えません。
07月20日
発熱外来の開始時間について
7月20日(水)の発熱外来は12:00から行います。電話受付は9:00より開始しますが、重症度や緊急性、7月19日に対応できなかった方を優先させていただく場合がございます。現場の混乱を少しでも回避するための措置であることをどうかご理解ください。
GOHONGI CLINIC

外来受診のご案内

Schedule of Doctors

一般診療の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・野波

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

Access

五本木クリニックの場所

Contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

一般診療
診療日
月・火・水・金
9:30~12:30/15:00~18:30

土 9:30~12:30
休診日
木・日・祝
受付時間
9:00〜12:15/14:30〜18:15

内科・泌尿器科・発熱外来

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7000

美容診療
診療日
月・火・水・木・金・土
10:00~18:30

※完全予約制です。ご予約はお電話ください。
休診日
日・祝
受付時間
10:00〜18:30

美容外科・美容皮膚科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7015

© 2021 GOHONGI CLINIC 五本木クリニック