高血圧症

高血圧症とは

血圧とは、血流により血管壁にかかる圧力のことで、収縮期血圧(上の血圧)と拡張期血圧(下の血圧)があります。
高血圧症は、この血圧が標準より高いことをいいますが、通常は血圧が高いことによる急性の症状はありません。

成人における血圧値の分類

画像

症状

初期には、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸、息切れ、疲れやすい等のさまざまな症状がありますが、はっきりした自覚症状がないため、症状だけで早期発見することが困難です。
放っておくと、激しい頭痛や吐き気などの症状が現れることもあります。また、長期間放っておくと、心筋梗塞や脳卒中など重大な病気を引き起こす可能性があります。

原因

原因はさまざまで、もともと先天的に持っている遺伝的要素と、後天的な要素である過量の塩分摂取、肥満、ストレスや緊張、特に喫煙などが関与しています。
ただ、血圧は1日中同じ値ではなく変動しているので、コントロールの悪い方は家庭内で少なくとも朝晩2回程度は測ってみましょう。

怖い合併症

高血圧が怖い病気であるのは、深刻な合併症を引き起こすためです。
高血圧が続くと、血管の壁がその圧力に耐えなければならず、徐々に厚くなってきます。そして血管は徐々に硬くなり、動脈硬化という状態となります。その動脈硬化が進行すると高血圧症合併症、つまり狭心症や心筋梗塞などの心疾患や脳梗塞などの脳血管障害の発症頻度が増加します。これらは場合によっては生命を脅かすこととなります。

診断と検査

血圧の測定が基本的なものです。しかし、クリニックで医師に血圧を測ってもらうと必要以上に緊張して血圧が上がってしまう「白衣性高血圧」と呼ばれる状態があります。日常生活での血圧がどのようになっているかを知るために、家庭内での血圧測定を行って記録をつけていただくことをお願いします。この日々のデータを、当クリニックでは基本的かつ重要なデータとしています。
また、血圧が高いと発病のリスクが高まる疾患が隠れていないかを調べるために血液検査も行います。
さらに、心臓への負担の検査のために心電図検査を行います。

当クリニックの考え方・治療方法

血圧を下げなくてはならない目的は、高血圧合併症、つまり虚血性心疾患などの心臓病や脳出血などの脳卒中の発症を防ぐことです。
それにはまず、生活習慣の改善からと考えます。血圧が高いからといってすぐにお薬を処方することはありません。
しかし、どうしても生活習慣の改善のみで正常血圧に到達することが難しい場合は、必要に応じて降圧薬を用いなければなりません。基本的に降圧薬治療というのは対症療法であり、高血圧そのものを治すのではありません。つまり、自覚症状がないからといって薬を止めると通常は数日で元の血圧が高い状態に戻ります。
お薬は、血管を広げるカルシウム拮抗剤、α、β拮抗剤、さらに新しいARBという、臓器保護作用がありながら血圧を下げるお薬などを選択して処方しています。
当クリニックでは、生活改善指導や食事療法指導から降圧剤の処方まで、患者さんおのおのに適した指導を行っています。また、近年降圧剤による血圧の下げ過ぎのリスクも報告されています。単に血圧を下げるだけでなく、その方のライフスタイルに適した対処法をアドバイスしていきます。

投稿日: 更新日:

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

内科|一般診療

お知らせ

11月04日
保険証登録したマイナンバーカードに対応しました
五本木クリニックではマイナンバーカードが健康保険証として利用できます(健康保険証でもこれまでどおり受診できます)。※マイナンバーカードを健康保険証として利用するために、マイナポータルから健康保険証利用の「初回登録」が必要です。
10月05日
新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
COVID-19 research Japan
10月01日
インフルエンザの予防接種を開始しました。
来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・野波

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院