五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科膀胱異物

膀胱異物

膀胱異物とは

膀胱に異物が入りこみ、取り出せなくなったことで炎症を起こす病気です。異物の挿入のほとんどは、性的行為によるものです。男性の場合は、多くが自慰行為目的、女性の場合はパートナーから挿入されるケースが多いです。

症状

頻尿や排尿痛、排尿困難、血尿などの膀胱炎症状、尿道炎を起こします。残尿感や下腹部痛を伴うこともあります。膀胱に入った異物には細菌などの病原体が付着しやすく、抗菌薬を投与しても治りにくいことが多く、その結果、慢性膀胱炎を発症します。また、長期間放置していると、膀胱異物を核とした結石ができることもあります。

原因

異物の挿入経路としては、尿道経路と膀胱壁経路があります。尿道経路の異物としては、鉛筆、ロウソク、体温計、電線、乾電池、ビニール製品、針金、ヘアピン、ガムなどあり、尿道から挿入して膀胱内に達し、取り出せなくなります。膀胱壁経路では医療に用いた器具が多く、例えば尿道カテーテルを留置している際にその一部が膀胱内で破損した断片、骨盤内手術に用いた縫合糸、ガーゼなどが膀胱に混入することがあります。

診断と検査

病歴にて膀胱異物の診断が明らかな場合もありますが、X線や超音波検査、膀胱鏡検査などにより、膀胱内の異物を確認します。

当クリニックの考え方・治療方法

可能であれば膀胱鏡を使用して除去しますが、異物の大きさや形状によっては困難な場合もあります。
当院で治療困難の場合は、入院・手術が必要になる場合もありますので、提携している病院をご紹介いたします。

処方される主な薬

抗生物質など

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。