五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科泌尿器科の検査膀胱造影検査

膀胱造影検査

膀胱造影検査とは

膀胱に造影剤を注入して、膀胱内の状態をX線撮影する検査です。膀胱内の内壁に何らかの原因でほころびができ、その部分が袋状に突出する膀胱憩室の診断などに有効な検査です。

造影剤を使わないX線検査に比べて、より精度の高い検査をすることができます。

検査で分かる病気

など

検査方法

検査当日の食事などは、普段通りでかまいません。

検査前に排尿を済ませ、ズボンや下着を脱いで、検査台にあお向けに寝ます。

まず膀胱の単純X撮影を行い、次に、麻酔薬が入ったゼリーをカテーテルに塗り、尿道口から膀胱に挿入します。そのカテーテルを通して造影剤を注入し、X線造影撮影を行います。

検査後には水分を多めに摂って排尿量を増やし、造影剤の排出を促します。

検査項目

膀胱内のX線造影撮影

当クリニックの考え方

当院では必要に応じて連携病院へご紹介しております。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。