五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科腎盂腎炎

腎盂腎炎

腎盂腎炎とは

腎臓は血液を濾過して尿をつくる臓器です。腎実質(皮質と髄質)でつくられた尿は、腎杯から腎盂に送られます。細菌に感染して腎盂や腎杯、さらには髄質に炎症を起こします。外尿道口と肛門が接近している女性に圧倒的に多くみられます。

症状

急性と慢性があり、症状が異なります。
急性腎盂腎炎では、悪寒やふるえを伴う38℃以上の発熱、吐きけ、嘔吐などの風邪に似た症状が現れます。頻尿になりますが、1回の尿量は少なく、排尿痛や残尿感があります。また、白血球が混入して尿が白濁します。
活動性の慢性腎盂腎炎では、急性腎盂腎炎と同じような症状が現れます。非活動性の場合は、微熱、食欲不振、吐き気、全身の倦怠感などの症状が現れますが、症状がないこともあります。

原因

原因となる細菌はほとんどが大腸菌です。ほかに緑膿菌、腸菌があります。最も多い感染経路は外部から尿道を遡る上行性感染です。尿道炎や前立腺肥大症、尿路結石、膀胱尿管逆流現象などがあると尿の流れが悪くなり、上行性感染を起こしやすくなります。そのほかに、別の部位に存在した細菌が血流にのって腎臓に運ばれる血液性感染、リンパ液の流れにのって、腎臓に運ばれるリンパ性感染があります。
糖尿病などの疾患、ステロイド薬や抗がん剤などの薬剤で細菌に対する免疫力が低下してくると腎盂腎炎を起こしやすくなります。

診断と検査

尿検査で膿尿を確認し、高熱と左右どちらかの背部痛があれば診断されます。尿管結石などにより、水腎症が合併する場合は重症化しますので、緊急入院とし、緊急で尿路閉塞を解除しなければなりません。

当クリニックの考え方・治療方法

単純性で、血圧低下などない比較的軽症例は外来、抗生剤投与と飲水励行で経過をみます。水腎症合併例は緊急入院を依頼します。

処方される主な薬

抗生剤

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。