五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科男性更年期障害(LOH症候群)

男性更年期障害(LOH症候群)

男性更年期障害(LOH症候群)とは

男性更年期障害は、男性が年齢とともに男性ホルモン(テストステロン)が徐々に低下することによって、性機能低下や精神神経症状などの諸症状があらわれる疾患です。
専門的にはADAM(androgen deficiency in aging males)、またはLOH症候群(Late onset hypogonadism symdrome)と呼ばれています。
男性ホルモンは男性の生殖機能に関与する他にも、脳に働きかけ意欲を促し、筋肉を増強させ、骨量を維持するなど様々な働きをしています。
男性ホルモンは20~30歳代を境に徐々に低下し、低下に従って様々な身体症状が出てきます。ただし、男性では、女性に相当するようなホルモンの劇的変動は見られません。
発症年齢も女性ではいわゆる更年期と呼ばれる40~50歳に集中していますが、男性では30歳代後半から70歳近くまで幅広く起こりえます。
また、個人によって男性ホルモンの値に個体差があり、同じ男性ホルモンの値でも症状の出る人も出ない人もいます。

症状

まず考えられることとして、筋力の衰えといった体力の低下や、性欲の減少や朝立ち回数の減少など男性機能・勃起能力の低下でありますが、男性では女性に比べ身体症状よりも精神症状の方が多くみられることも特徴の一つです。
とにかく男性更年期の不定愁訴は心身症の様相を呈することが多く、うつ症状も男性更年期障害によく見られる症状です。
不定愁訴とは具体的には、発汗やほてり/倦怠感/意欲の低下/不眠/いらいら/精神の不安/めまいなどです。
これらは仕事や家庭でのストレスも加わり徐々に症状が現れますが、周囲にはなかなか理解してもらえず、独り思い悩むことになります。
また精神・神経症状の強い人ほど性機能の低下が著しいとも考えます。

一般的な主な症状

  • 精神症状(抑うつ・集中力低下・不眠など)
  • 身体症状(筋力低下・発汗・ほてりなど)
  • 性機能低下症状(性欲減退・男性機能低下・勃起障害など)

原因

男性ホルモンの低下に精神的なストレス、環境の変化などが加わって男性更年期障害を発症するきっかけとなります。
男性のストレスの大きいものといえば、仕事自体や仕事を通じた人間関係、そして家族関係です。
どのような男性が更年期障害を発症するか、まだ明らかではありませんが、神経質でまじめ、責任感や競争心が強い几帳面な人は男性更年期障害を発症しやすいと言われています。

診断と検査

一般的に様々な症状のチェックのためのアンケート評価、そして採血による男性ホルモン(テストステロン)の値測定や前立腺がん検査(PSA値測定)を行うことから始めます。
また、前立腺肥大がないかどうかも治療に関わるため、超音波検査で前立腺の検査をします。

男性更年期は医学的にはっきり定義づけされたわけではなく、男性ホルモン(テストステロン)値が低いからといってそれだけで男性更年期と診断できるわけではありません。
テストステロンのうち「総」テストステロンは60歳くらいまでは殆ど減少しませんが、「遊離」テストステロンは20 歳代を境に年齢と共に減少してきます。ただ、この個人差は大きいので明確な基準値はありませんが、おおよその目安については、「総」テストステロン:4.5ng/ml、「遊離」テストステロン:15pg/mlくらいを下限の参考にします。
しかし、テストステロン値と症状の重症度が相関しないことから、実際は以前の状態からどの程度減少したかが診断の参考となると考えられます。
それでもはっきりしない場合には、診断的治療として薬剤投与を開始し、その反応を見るという場合もあります。
つまり男性ホルモンを投与しても改善のないものは男性更年期障害ではないと言います。

当クリニックの考え方・治療方法

女性に対しても男性に対してもホルモン療法が有効とされているので、現在のところ、男性ホルモンの注射による男性ホルモン補充療法が一般的です。その他、漢方薬や精神安定剤(選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の抗うつ剤や睡眠薬など)を使って治療することもあります。他に、シアリスのようなED治療薬を使用することもあります。
具体的にホルモン治療の適応は、男性ホルモンが低値を示した方で、前立腺肥大症やがんのない方となります。2~3週間に1回通院していただき、男性ホルモン(テストステロン)補充療法(注射)を行なっています。男性ホルモン投与の方法は現在、注射薬しかありません。これは当クリニックでも常備しており、適応をよくみて使用しています。
効果の表れ方は患者さんによって様々ですが、典型的な方では注射直後より効果があらわれます。
どれくらい継続するかですが、これも個人で様々であり、短期投与から数十年の長期投与まで個人差があります。
ただ、挙児希望ある方にはホルモン補充療法は精子の数が減るという副作用があるためなるべく行いません。その他に考えられる副作用としては、前立腺がん前立腺肥大症、女性化乳房、肝機能障害、多血、浮腫などが挙げられます。
薬剤以外にも生活習慣の改善も有効であり、お酒やタバコを控え、運動をする習慣を持つようになった方は体調が良くなり、更年期症状も改善することもあります。内服薬もありますが、我が国で認められているものは、効果の不安定さや副作用の問題で使用できません。海外ではジェルや貼り薬、安全性の高い内服薬もありますが、日本ではまだ認可されていません。

当クリニックの医師は、男性の健康「メンズヘルス」を診療科を横断して研究・啓蒙する「日本Men’s Health医学会」に所属しています。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。