五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科尿道がん

尿道がん

尿道がんとは

膀胱の出口から体外の出口である外尿道口をつなぐのが尿道です。尿道のいちばん内側の粘膜から発生し、がん化した細胞の種類によって偏平上皮がん、尿路上皮がん、腺がんがあります。まれながんですが、好発年齢は50歳以上、3対1の割合で女性に多く発生します。

症状

症状としては、尿道出血や血尿などの出血、排尿困難や閉尿、頻尿、排尿痛などの排尿障害、尿道腫瘤などがあります。ただし、これらの症状は、ほかの疾患によっても現れるもので、尿道がんに特異的なものではありません。早期の尿道がんでは、症状が現れないこともあります。

原因

原因は解明されていませんが、子宮頸がんの原因になることがあるヒトパピローマウイルス(HPV)が関与している場合もあります。また、膀胱がんの病歴や反復性尿路感染症などが、尿道がん発生のリスク因子である可能性が考えられます。

診断と検査

尿道内視鏡と尿細胞診検査です。良悪の鑑別困難なときは組織を採取して診断します。(生検)

当クリニックの考え方・治療方法

内視鏡や細胞診、生検でほぼ確定診断まで可能ですが、治療は内視鏡下に電気切除する手術となるので、入院・麻酔が必要となります。

処方される主な薬

薬で根治はできません。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。