五本木クリニックHOME診療科目一覧内科花粉症(アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎)

花粉症(アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎)

花粉症(アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎)とは

花粉症は、植物の花粉が抗原となって鼻や目の粘膜に炎症を起こすアレルギー性の病気です。
アレルギー反応が起こると、ヒスタミンという炎症を起こす物質が作られ、鼻や目の粘膜に作用して各症状を起こします。中には咳が止まらないなど、喉に対するアレルギー症状が出る場合もあります。
日本人の約15%以上が花粉症を有するとのデータがあります。
通年性で花粉症同様の症状が発症し、アレルギーの原因が花粉以外の場合はアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎と診断します。

症状

主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒みなどがあり、一部はかぜ症候群の症状と似ていて花粉症だと気がつかないことがあります。
以下のような症状がある場合は、花粉症を疑います。。

  • くしゃみを連発する
  • 鼻水が止まらない
  • 夜も眠れないほど、ひどい鼻づまりになる
  • 目が痒くてたまらない
  • 涙が止まらない
  • 目が充血している
  • ぼーっとしてしまい、思考力がなくなる
  • 頭痛がする

など

原因

杉花粉

代表的な抗原となる花粉は、春ではスギやヒノキ、夏ならカモガヤなどイネ科植物、秋になるとブタクサやヨモギなどのキク科植物があります。花粉症はスギだけではないので注意が必要です。
年間を通して症状がある方は、ハウスダスト・ダニ・動物の毛がアレルギーを引き起こす原因となっている可能性もあります。
患者さんは、抗原に対するIgE抗体量が多いことが明らかであり、これがアレルギーを起こす直接の原因です。
しかし、抗原と接触しても全ての人に症状が出るわけではなく、それは遺伝的、環境的要因など様々な要因の関与があります。

診断と検査

基本的には、上記アレルギー症状の自覚症状で診断します。
スギ花粉症の場合は、2~5月ごろの毎年特定の期間に発症するので診断は比較的容易です。日本気象協会の地域の花粉飛散情報も参考になります。
最近アレルギーの抗原で特に多くなったと言われるハウスダスト・ダニなどは、布団やじゅうたん、屋内のエアコン内部などに多くみられ、慢性的に症状を引き起こします。
詳しい検査は採血によって行います。それは、抗体(特にIgE抗体)の測定とともに、スギ花粉など各種抗原に対する抗体測定をします。
アレルギーを起こしているかは、上記の非特異的IgE抗体の測定で判定できます。
どんな抗原、つまり何に対してのアレルギーかを調べるためには、特異的IgE抗体を調べることによって判定できます。

当クリニックの考え方・治療方法

当クリニックでは、治療目的と今後の生活指導などのため、初回治療時に抗原を同定する血液検査をお勧めしています。
治療に関しては、第二世代の抗ヒスタミン剤の内服を中心に、点眼や点鼻薬を使用しています。
スギ花粉症の場合は、毎年の発症と経過が予測できることが多いので、炎症を引き起こす少し前(毎年花粉症状が出る2週間前程度前)に、ヒスタミンの遊離をあらかじめ抑える薬剤を使用するのが効果的です。
毎年のように抗ヒスタミン薬が登場しています。以前の薬のように眠気を起こさないものが増えていますので、安心して服用いただいています。
アトピー性皮膚炎をお持ちの方の殆どが、スギ花粉に対してアレルギー反応が陽性を示します。花粉もアレルギー性鼻炎もアレルゲンに対する予防が大切です。

必要な対策

基本的には薬物治療の前に、できる限りのアレルギー抗原の原因対策をすることが大切です。
花粉に対しては、原因となっている植物の花粉が飛散する時期には、外出時の花粉用マスクや花粉用メガネの着用、そして洗眼やうがいでの花粉の除去などです。家の中にも花粉を持ち込まない、流入させない工夫が必要です。
ハウスダスト・ダニ対策としては、吸引掃除の徹底と寝具の日光消毒、エアコンの洗浄などです。

薬剤治療

薬剤治療として、ステロイド内服も症状が強い場合には処方を検討します。しかし、長期投与では耐糖能異常や緑内障などの副作用もあります。
点眼薬は、非ステロイドのものを使用しています。万が一ステロイド含有の目薬が必要な場合は、眼科専門医をご紹介しています。
「1回の注射で治る」と巷で広がっている徐放性ステロイドデポ注射剤は、当クリニックでは使用していません。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。