顔:目の下のたるみ

老化や体質などで現れる目の下のたるみ

目の下のたるみとはクマの1種です。特に気になるのは黒っぽいクマ(影クマ)です。老化現象や体質などにより、目の下にシワ、たるみ、へこみ、突出などが現れると、皮膚表面の凹凸の変化により、影が生じてその部分が黒っぽいクマ(影クマ)の原因になります。

レーザーや高周波によりコラーゲンの生成を促します

目の下のたるみは老化が原因です。症状の度合いによって、レーザーや高周波による熱刺激を皮膚の深部に与えることで、古い細胞を破壊して、コラーゲンの生成を促し活性化することで肌のハリを出し、たるみを改善する方法、下まぶたのまつげギリギリを切開して脂肪を抜き出し、たるんだ皮膚を切り取り、ゆるんだ筋肉を張り直し、つり上げるといった方法などで治療します。

当クリニックのおすすめ治療法

医師の紹介

松下洋二医師

このページの筆者:松下洋二
Yoji Matsushita, M.D.

鳥取大学医学部卒業後に京都大学医学部形成外科に入局。大学附属病院などで形成外科・美容外科で働いた後、2007年より五本木クリニックの美容診療部の部長に就任。

お知らせ

09月03日
当院は東京都から指定を受けた診療・検査医療機関です。
保健所の負担軽減目的で症状がある、あるいは濃厚接触者である、または濃厚接触者の疑いがある場合は、保健所に連絡不要で当院で抗原検査・PCR検査を受けることができます。詳しくは発熱外来をご覧ください。
08月27日
現時点で当院でのワクチン予約枠は全て埋まリました。
以降の見通しについてわかり次第お伝えいたします。
08月24日
9/4土13:30〜17:30 ワクチン個別接種を行います。※予定数に達しました
ご予約はお電話でのみ受付いたします。当院かかりつけの方を優先とさせていただきます。接種券はお住まいの自治体発行のものをご利用いただけます。

個別接種のご予約はお電話でのみ受付します。