にきび(尋常性ざ瘡)

にきび(尋常性ざ瘡)とは

にきびは、毛穴が詰まって皮脂や角質がたまり、それらに細菌が感染した結果、炎症などを起こした状態です。皮脂が多く分泌される部位にできやすいとされます。
顔・胸・背などに発生するものを、医学的に尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)、または単にざ瘡(ざそう)と言います。
一般に「にきび」というのは青年の顔面に発生するものをいい、それ以外は「吹き出物」ということも多いです。

当院ではにきび治療に関してはすべて保険適用外(自由診療)とさせていただいております。
 自由診療は完全予約制となっております。

症状

白にきび(面疱(めんほう))毛穴がふさがることで皮脂が詰まって肥大し、皮膚表面にプクッと膨れ上がった状態です。

にきびのできはじめの症状で、触ったりすると悪化につながるので触らないでおきます。

黒にきび(面疱(めんほう))毛穴が開き小さなクレーターのようになり、浮き上がった皮脂や垢が酸化して黒くなった状態です。

にきびの初期の症状で、色素が沈着して痕に残る可能性があるので、しっかりケアすることが大切です。

赤にきび(丘疹(きゅうしん))白にきび・黒にきびが悪化し、皮膚常在菌のアクネ桿菌(プロピオニイバクテリウム・アクネス)が繁殖して炎症が起き、真っ赤に腫れて盛り上がった状態で痛みを伴います。
さらに悪化すると、膿んだり熱を帯びた状態になったりします。

原因

毛穴(毛包)がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こすことで発生します。

思春期にできるにきびは、過剰な皮脂の分泌により皮膚の深層部に潜むアクネ菌がそれをエサにして増殖し、毛穴が詰まりにきびが発生します。

大人にきびは、ストレス・不眠・ホルモンバランス・長時間の化粧・乾燥などさまざまな原因により、新陳代謝(ターンオーバー)の機能が低下することでにきびが発生します。

原因をしっかり把握し、生活習慣を含め対処していくことが必要です。

にきびができるメカニズムは、皮脂と古い角質が混ざり合って毛穴が詰まり、そこでアクネ菌などの影響で炎症が起こるというものです。

分かりやすくまとめると、以下の4つの原因があります。

  1. 過剰な皮脂の分泌
  2. 毛穴の詰まり
  3. 細菌による感染
  4. 詰まった皮脂の酸化

これがにきび発生のメカニズムです。

糖尿病との関連もあるという研究結果もございます。

診断と検査

患者さんの表現では「にきび」「できもの」「吹き出物」「肌荒れ」などの訴え方をしますが、にきびの診断は視診のみで容易につきます。

当クリニックの考え方・治療方法

上記原因の1、4に対してはビタミンB2、ビタミンB6を使用します。
2に対してはにきび治療の世界基準であるディフェリンを使用します。
3に対しては飲み薬の抗菌剤を使用しますが、可能な限り服用期間を短縮するアドバイスを心がけています。

上記の治療方法は、どこの皮膚科でも標準治療なので、当院はこれでも改善しない難治性のにきび治療に特化させていただいております。
なお、レーザー等を使用いたしますので、すべて保険適用外(自費診療)となります。
※自費診療は完全予約制となっております。

記事の更新日時

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

詳しいプロフィール

皮膚科|一般診療

Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・平松

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

■東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。