おしっこ(尿)の色が濃い、茶色っぽい場合

尿の色は健康状態で変化します

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。健康な時の尿は透明〜薄い黄色ですが、健康状態によって尿の色が変化することがあります。

症状

尿の色の変化が1回だけのこともあれば持続的に続くこともあり、これは変化の原因によって異なります。例えば、汗をたくさんかいて脱水気味であれば、おしっこが濃縮されて色の濃い、茶色っぽいおしっこが出ることがあります。激しい運動後でしたらコーラ色、赤ワイン色の尿が出ることがあります。

おしっこの色が濃い、茶色い、褐色に見える状況が続く場合は、下記に記載している疾患の疑いがあります。

特に茶褐色の尿が出る原因としてさまざまな病気が考えられます。診断の手がかりとなるのは、黄疸、発熱、貧血、腹痛、吐き気、嘔吐といった褐色尿以外の症状があげられます。ですので、診察の際、医師に出来るだけ詳しくお伝え下さい。

疑いのある疾患

溶血性貧血

通常、血液中の赤血球の寿命は約120日ですが、赤血球の寿命が短くなったことで起きる貧血を溶血性貧血といいます。

原因はさまざまでまれな病気ですが、赤血球の破壊が重度であったり、急速であったりすると、軽い黄疸症状(全身の皮膚や眼球が黄色く染まる状態)が出ることがあります。壊れたヘモグロビンが処理されてできるビリルビンが尿中に漏れ出すことで、茶褐色の尿が出ます。

横紋筋融解(おうもんきんゆうかい)

横紋筋といわれる筋肉細胞が何らかの原因で一部分が死んでしまい、血液中に流れることで起こります。手足に力が入らない、手足がしびれる、こわばる、筋肉痛、全身がだるいなどの症状があらわれ、重度の場合は腎臓の機能が悪くなることもあります。

尿の色は褐色になり、原因としては、薬剤性(医薬品の副作用)、高い運動強度の運動、挟まれて傷になったものなどの外傷が挙げられます。

ポルフィリン症

人の赤血球中には、肺で取り入れた酸素を体の組織に運搬する、ヘモグロビンという蛋白質があります。

このヘモグロビンはヘムとグロビンという蛋白質が結合してできたもので、このヘムを合成する過程に異常があるとポルフィリン症が起こります。尿中にポルフォビリノーゲンが増加するため、褐色の尿になります。

薬剤性

センナ、センノシド(アローゼン、プルゼニド)などの下剤で尿が黄褐色〜赤色に、エパルレスタット(商品名 キネダック)という糖尿病薬で黄褐色〜赤色に、カルパゾクロム(商品名 アドナ)という止血剤で茶色〜黄褐色に変化するといわれています。

尿の色の変化がある薬を処方される時には、薬剤師から説明があります。

尿の色から考えられる疾患の一覧

画像左右にスワイプ
赤色血尿尿路結石症など
白濁色腎盂腎炎膀胱炎など
無色水分過多、腎不全、糖尿病など
赤褐色横紋筋融解症など
茶色脱水症状、ヘモグロビン尿など
【大きな誤解】泌尿器科って恥ずかしいし、痛い検査されるし、と受診を控えている方へ

【大きな誤解】泌尿器科って恥ずかしいし、痛い検査されるし、と受診を控えている方へ

病気になっても受診したくない科目ベスト3入りが確実な(※n=5)である泌尿器科を専門としてしまった医師が、受診を躊躇している人々が泌尿器科に対して抱いているであろう誤解を解いてみます。オシッコのことで悩んでいる人、泌尿器科を受診するのは恥ずかしくないし怖くないし痛くないんだよ!ってことをお伝えします。

投稿日: 更新日:

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

お知らせ

07月24日
7月26日(火)の発熱外来は12:00より行います。
受診ご希望の方は、必ず電話で予約をしてください。予約完了後にWeb問診票の入力をお願いします。
07月22日
発熱外来について
7月23日(土)の発熱外来は抗原検査キットの在庫が無くなってしまったため行えません。
07月20日
発熱外来の開始時間について
7月20日(水)の発熱外来は12:00から行います。電話受付は9:00より開始しますが、重症度や緊急性、7月19日に対応できなかった方を優先させていただく場合がございます。現場の混乱を少しでも回避するための措置であることをどうかご理解ください。
GOHONGI CLINIC

外来受診のご案内

Schedule of Doctors

一般診療の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・野波

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

Access

五本木クリニックの場所

Contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

一般診療
診療日
月・火・水・金
9:30~12:30/15:00~18:30

土 9:30~12:30
休診日
木・日・祝
受付時間
9:00〜12:15/14:30〜18:15

内科・泌尿器科・発熱外来

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7000

美容診療
診療日
月・火・水・木・金・土
10:00~18:30

※完全予約制です。ご予約はお電話ください。
休診日
日・祝
受付時間
10:00〜18:30

美容外科・美容皮膚科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7015

© 2021 GOHONGI CLINIC 五本木クリニック