腎盂・尿管がん

腎盂・尿管がんとは

腎臓は、尿をつくる腎実質(皮質と髄質)、腎杯、尿が集まる腎盂からなります。腎臓でつくられた尿は、尿管を通って膀胱に送られます。腎盂・尿管がんとは、腎盂と尿管の一番内側にある粘膜の上皮細胞にできるがんです。好発年齢は50〜70歳代で、2対1の割合で男性に多く発生します。

症状

最も多い症状は、肉眼でも分かる血尿です。がんが増殖したり、その部位から出血したりすると、腰や背中、わき腹に痛みを伴うこともあります。また、がんが進行したり、出血によって尿管が塞がれたりしてしまうと、閉塞部位より下流に尿が流れなくなり腎臓の中に尿がたまった状態(水腎症)を引き起こします。水腎症が長く続くと、無機能腎といって腎臓が機能しなくなってしまうことがあります。

原因

腎盂や尿管が尿の中の発がん物質と接触することが引き金になることもあります。喫煙、鎮痛薬(フェナセチン含有)、抗がん剤(シクロホスファミド)、化学薬品、染料などが発がんのリスク因子です。

診断と検査

超音波検査・CT・細胞診で診断します。下流の膀胱にも腫瘍を合併することが多く、膀胱鏡検査も行います。

疑わしい病変に対しては、逆行性腎盂造影検査や尿管ファイバー検査で確定診断としますが、通常は入院・麻酔が必要です。

当クリニックの考え方・治療方法

超音波・細胞診・膀胱鏡での検査は可能です。治療は腎・尿管全摘除術なので、連携医へ紹介します。

処方される主な薬

薬では治りません。
進行例は、入院の上GC療法を(ゲムシタビン・シスプラチン・抗がん剤)を行います。

記事の更新日時

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

詳しいプロフィール

Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・平松

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

■東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。