尿道狭窄症

尿道狭窄症とは

膀胱から体外へ尿を排出する尿の通り道である尿道が細くなり、拡張しにくくなって排尿障害を起こす病気で、多くは男性に起きます。先天性のものと、尿道の外傷や尿道炎などの後遺症による後天性のものがあります。

症状

排尿に勢いがなくなり、尿の出方が細くなります。また、排尿に時間がかかる上、息まないと尿が全部出きりません。そのため、膀胱内に尿が残る残尿感があるほか、トイレに行ってもすぐに尿意をもよおして排尿回数が多くなります。

尿が出きらず膀胱に残ると、尿路感染や尿路結石、尿路憩室を起こしたり、腫瘤ができやすくなったりします。

後天性尿道狭窄症では、前立腺炎や精巣上体炎を起こすこともあります。

原因

後天性尿道狭窄症の原因には、外傷によるものと感染によるものがありますが、外傷によるものが多い傾向にあります。

自動車事故などによる外傷性の尿道狭窄症では、骨盤骨折などの外力が加わることで尿道自体に断裂や裂傷が起こり、骨盤骨折などの治療過程で尿道粘膜に傷を生じ、その瘢痕(傷あと)が狭窄を起こします。

感染によるものとしては、多くは淋菌の感染で尿道炎にかかった後に尿道壁が瘢痕(はんこん)性の収縮を起こして狭窄を生じます。

診断と検査

尿流測定で尿流が悪いのに、超音波検査で前立腺肥大症などの原因がない場合に尿道狭窄を疑い、内視鏡で検査して診断します。

当クリニックの考え方・治療方法

外来で拡張する処置をすることで改善しますが、手術になることもありますので、基本的には連携病院へ紹介しています。

処方される主な薬

薬では狭窄は改善しません。

投稿日: 更新日:

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

お知らせ

11月04日
保険証登録したマイナンバーカードに対応しました
五本木クリニックではマイナンバーカードが健康保険証として利用できます(健康保険証でもこれまでどおり受診できます)。※マイナンバーカードを健康保険証として利用するために、マイナポータルから健康保険証利用の「初回登録」が必要です。
10月05日
新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
COVID-19 research Japan
10月01日
インフルエンザの予防接種を開始しました。
来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・野波

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院