●一般診療のお問い合わせ

0120-50-5929

03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

0120-70-5929

03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木曜・祝日休)

院長ブログ

時代はおっさんずラブ、でも「貼るだけで、たるみとシワを改善」は???だらけ。

オッサンも美容に関心があることはいいこと!!でも、これは爆笑もの!!??

「おっさんずラブ」というドラマがかなり話題になっています。これ観たことないのですが、ある男性向けの美容の広告を観た瞬間に頭に浮かんだのが「おっさんずラブ」です。

おっさんずラブの意味することを理解していなくても、なんとなーく、美容やアンチエイジングに興味を持ったオッサンがこんなヘンテコな広告に惑わされてしまうような状況が私的には「おっさんずラブ」(笑)。

いとおしいオッサンが多分、詳細を調べないでクリックして購入してしまいそうな広告はこれ!!

http://perfectbhcare.com/hyalomen/fb/555.html?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=HD-fb-PC-00074-000025844長いURLだなあ・・・。

このヘンテコな美容グッヅのウリと効果・効能は

●このシワやたるみを改善するグッヅは「開発した人が天才」

●貼るだけでシワやたるみを改善する

●コスパが良い

●販売元が東証一部上場企業なので安心

●4秒に一枚売れているほどのヒット商品

などなど、普段は美容やアンチエイジングに親和性が低かったオッサンが飛びつきそうな、キャッチフレーズで満載!!って感じです。

このような広告に対する抗体が十分体内で形成されていないオッサン、速攻で申し込んじゃうオッサン、私的にはそんなおっさんずラブです(笑)。

貼るだけでシワやたるみが本当に改善するのか?という素朴な疑問

このネット上に現れる(私の場合はスマートニュースかな)貼るだけでシワやたるみを改善するシートの本サイトによれば「効果評価試験済み」と記載されています(https://www.hyalodeep.com/pc/index_306_280.htm)。この商品の特徴は

シートにヒアルロン酸の針が750本も付いているために、肌の奥まで刺さる!!ってことらしいです

ここでオッサンかつ医師免許保有者であり、自称トンデモグッヅ評論家でもある私は先日購入したばかりの椅子に座りながら頭部を70センチくらいのけぞらせて、転倒寸前になったしまったじゃないか!!

皮膚とはいえ体内に刺さるヒアルロン酸の針って完璧に医療品じゃないの???

体内になにがしかを埋め込む、刺す、切るという行為は医師にだけ許されたものだと思い込んでいたのは私だけ???

となると、このヒアルロン酸の針が750本も付いたたるみやシワを改善する美容系グッヅは当然医薬品あるいは医療品・医療機器として認可されているはずなのですが・・・どこにも厚生労働省による承認番号が記載されいません。

針を刺してヒアルロン酸を注入、この表現はかなりアレなんですけど

美容やアンチエイジングに対する親和性が低いオッサン、美容系広告の危なっかしい表現に対しても抗体が十分に備わっていないオッサン、この貼るだけでシワやたるみを改善する(治す、との表現を取ると一発で薬機法に抵触)を申し込んじゃうことになります。

前掲の購入するページより

ヒアルロン酸が不足している箇所にヒアルロン酸が直接注入されるワケだから、こりゃ美容皮膚科に通院して、ヒアルロン酸の注入をする必要もないし、自宅で簡単にアンチエイジングできちゃうと解釈しちゃいますね、おっさんは(笑)。

実はこんな感じのグッヅって最初は私どものような美容皮膚科を併設しているクリニックに猛烈なプロモーションを掛けてきたのですが、

多くの美容皮膚科で貼るだけでヒアルロン酸が皮膚に浸透するワケないじゃん!!

と言われた歴史があるんです(注意:この広告を出している会社ではありませんでした)。

しかし、本当に純情なオッサンを惹きつける表現であり、疑い深いオッサンも

この貼るだけでシワやたるみを改善するシートは東証一部上場の会社が販売元なんだから安心!!

て考えてしまい、商品に自信があるから効果がなかったら全額返金保証という文言に引かれて、ふらふらと申し込みボタンをクリックしたり、頭の中はシワもたるみも改善した自分のイメージがグルグル状態で、何かに取り憑かれたように電話で申し込んじゃうんでしょうねえ・・・。

東証一部上場会社が販売しているから安心??本当にそうなのかねえ・・・

この美容やアンチエイジングにちょっと興味があるけど、美容系のクリニック、例えば美容皮膚科を標榜しているクリニックは敷居が高いと躊躇している人をターゲットにしたプロモーション戦略はさすが東証一部上場企業です。

一ヶ月に要するコストはこの広告を見ると4422円とお小遣いでやりくりできる範囲、この価格設定もさすが東証一部上場企業のマーケティングは素晴らしいです。もし本当にこの貼るだけでシワやたるみを改善するシートが効果を発揮しても、老化自体を止めることは出来ないわけでなので

このヒアルロン酸の針付きシートを一年間使い続けると4422円×12ヶ月=53064円となります。

某大手美容チェーンクリニックのテレビCMの価格(いくらか忘れちゃったけど破格であったことは記憶にあり)よりかなり高額になってしまいます。

となると
ヒアルロン酸を使った若返りは大手美容チェーンクリニックVS東証一部上場企業ってことになるようです。

当院のヒアルロン酸注入によるシワを改善する治療は大手美容チェーンクリニックにはどんなことをしても価格では勝負になりません。さらにヒアルロン酸の張り付きシートの価格に対抗することさえできません。となると当院のヒアルロン酸注入による治療は淘汰されてしまう運命になってしまう悪い予感が私の頭の中をグールぐる(笑)。

まあ、こんな感じの美容系通販グッヅを信じ込んでしまうオッサンって本当に「おっさんずラブ」とドラマを観たこともないオッサン医師の私は解釈してしまうのです。

当院としてはこのヒアルロン酸の針付きシートで効果が出ないとお悩み(?)のオッサンのサルベーションに特化することも検討したいと存じますが、価格ではどんなに工夫しても大手美容チェーンクリニックに敵いません。

広告に惑わされないような知識と経験をお持ちのいわゆるリテラシーの高いオッサンではなくおじ様にターゲットを絞ることを当院の来年の目標としつつボチボチと地元密着型の美容系クリニックというかなり珍しい形態で運営していく所存です。