政治家改造計画 小沢一郎先生、いらんお世話ですが。

本当は実力ある政治家なのに顔で損している人っていませんか?

海外では政治家が若々しさをイメージさせるために、美容的な治療を行っているのは珍しいことではありません。しかし、日本の政治家は顔に対するイメージ戦略は取っていないと判断せざるえません。

顔で損している政治家

例えば若い時は将来の首相は確実とされ、当時の旧習にとらわれた高齢政治家・財界人を力でねじ伏せ、アメリカの信頼を取り付けた剛腕の小沢一郎議員なんて、朴訥としたしゃべり方の本当はいい人なのかもしれません。

私の友人も数名小沢氏の魅力にひかれて政治家になっていて、今でも小沢氏に可愛がっていただいているそうです。友人から聞こえてくる小沢氏はマスコミのとらえるイメージと違って優しい気遣いのできる愛されるキャラクターであるとともに尊敬できる人物であるのは間違いないようです。

しかし、政争にまみれどちらかというと悪役キャラクターとしてマスコミから報道されています。さらに最近は年齢を重ねさらにハードな仕事に振り回され,お世辞にも皆様に愛される顔とは言えなくなっているのではないでしょうか?

そこで当院が小沢一郎氏ご本人の了解はモチロン得ないでお節介にも「お顔のこのあたりをメインテナンスすると,このような愛される顔になりますよ」とシュミレーションしてみました。

ストレスとハードな仕事で覇気が感じられず、疲労感も非常に顔にでる体質の方の様です。

小沢一郎改造計画1

まずは周りの人に気づかれないように自然にちょっと若く見えるように

小沢一郎氏のしみが気になりますよね。

当院でも経営者や自営業者の中年男性に人気のシミ取りです。接待ゴルフや趣味の海遊びなどでシミが目立ってくる年齢の方は気を付けてください。人のシミって年を感じさせるだけでなく汚らしいイメージを会った人に与える可能性があります。

私が思い出深い症例はお孫さんに「おじいちゃん、汚い」と言われたことをきっかけにシミの治療を行った70代の男性です。

選挙演説めぐりで日焼けをした後のメインテナンスを怠ったために、シミが目立ちます。シミは老けたイメージを与えるだけでなく、汚らしくも見えます。またシミをほったらかしにした為、瞼の上で盛り上がっています。病名も老人性角化症なんていやな名称です。

シミの治療は当然レーザー治療です。痛みは全く有りませんのでご心配なく。

フェイスラインも気になります。

次にたるんだフェイスラインです。ハッピーリフトで簡単にすっきりした輪郭になります。ハッピーリフトは溶ける糸を顔に入れてフェイスラインをスッキリさせることができます。だぶついた疲れたイメージの顔が一気に小顔になります。術後にテープを貼る必要もありませんので、治療直後から通常の政治活動が行えます。

シワも気になってきます。

今度はおでこのシワです。難しい表情に見えてしまう、額のしわも改善しましょうしわは男の年輪という解釈もありますが、小沢氏が大活躍したことは誰でもしっていますので、いまさら人生のご苦労を顔に出さなくてもいいのではないでしょうか?

そこで目立つ額のしわ⋯波平ジワを改善して若々しい表情を取り戻していただき、さらなる活躍を期待したいところです。額のシワは当院の定番ボトックス治療です。

以上の若返り治療でこのように変わることができます。

小沢一郎改造計画2

小沢先生、最近なんか最近若々しくなったかな、と思われるレベルの治療です。

頬のたるみ、ほうれい線を改善する

ここまで来たら一気に若返りましたが、ほうれい線と呼ばれる鼻から唇の端にかけてのシワをメインテナンスしておきましょう。

意外と軽症ですので、ヒアルロン酸の注入で簡単に治療できます。

このレベルなら整形美容したなんて思われることはありません。スキンケアに気を付けて清潔感を大事にする男性として好感度は上がりますが、仕事を休む必要もありませんし、包帯やばんそうこうを貼る必要もありませんので、ばれません。

小沢一郎改造計画3

身なりに気を付ける素敵な男性のイメージになった小沢一郎先生です。

一番の問題は重く垂れさがった上瞼と目袋

小沢氏の顔をつかれた表情に見せているのは重く垂れさがった上瞼です。

非常によろしくありません。目つきが悪く見えます。今までの治療はいわゆる「きらない治療」ですので、周囲に治療したことを悟られませんが、この目の周囲は切らざる得ない状態です、若い時から美容皮膚科的メインテナンスを行っていたら切らないでの改善が可能でした。

しかし、今までなにもメインテナンスをしていなかったと予想されますので、下まぶたのいわゆる目袋の脂肪を取り除きます。この治療は皮膚にメスをいれることなく、余分な脂肪を取り除く事が可能で、経結膜脱脂法と呼ばれます。

ここは思い切って上眼瞼の余った皮膚を取り除き、さらにパッチリの目にするために上眼瞼挙筋の吊り上げ術も追加します。

韓国の大統領も眼瞼下垂の手術をして話題になりましたが、一重が二重になったので不自然だったのですが、小沢氏の場合一重だと思っていましたが、よくよく見ると二重なんですね。ここは当院の技術力を見せるために、自然な感じの二重にします。

手術後の小沢一郎先生、こんな感じになりますよ❗

小沢一郎改造計画4

若々しい力がみなぎった、チョッとおちゃめで清潔感あふれる政治家の登場です。さすがにここまで変わると、何がしかの美容的治療をしたと周囲にばれますが、女性層人気も取り入れられ、若手のイケメン議員なんで小沢氏の実力の前ではひよっこ同然です。

上記に要する時間は目の手術が少し時間が掛かりますが、全てを半日足らずで治療可能です。

数日間は軽度の腫れなどのダウンタイムがある場合がありますので深酒はご遠慮ください。入浴などの日常生活の制限は全く必要ありません。ご多忙でしょうが、上瞼は抜糸が必要なので一週間に再診をお願いします。抜糸後は全く通常の行動が出来ます。 気になる治療費ですが、全て定価で行わせていただきますと

  • 顔のシミの除去 1㎝×1㎝ 2万円ですので⋯6万円
  • ボトックス⋯10万円 (一年間フリーパス付き)
  • ヒアルロン酸⋯12万円
  • ハッピーリフト⋯12万円

ここまでが当院のおすすめメニューです。合計40万円です。そんなに高額ではないと思います。

美に気をつけている女性はこのくらいの費用は惜しみません。さらに積極的に治療を望まれる場合は次の治療を追加します。

  • 上眼瞼たるみ除去術+眼瞼挙筋短縮術⋯60万円
  • 目袋の脱脂術(経結膜脱脂法)あるいは皮膚を切る方法も併用⋯35万円+α 
               

これを追加されると切る美容外科的な治療になりますので、ちょっと高額になってしまいます。

上記の価格は初診料、再診料、お薬代、麻酔代等全ての料金・消費税が含まれております。 (各種クレジットカードがご使用になれます。尚、ローンは取り扱っておりません)

如何でしょうか?小沢一郎先生!ぜひご相談ください。今から治療をされても、参議院選挙には十分に間に合いますので、全国の応援演説で大人気を得ることは間違いないと思います。

執筆者情報

桑満おさむ医師

このブログ記事の筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

医学情報を、難解な医学論文をエビデンスとしつつも誰にでもわかるようにやさしく紹介していきます。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読するインスタで桑満おさむ医師のアカウントをフォローする