美容整形で韓国旅行をする日本人を韓国側はどの様に思っているのか?論文発見。

美容整形を韓国で受ける方が増えているということはお聞きになってる方も多いと思います。

受け入れ側の韓国では治療に訪れる日本人はどの様に受け止められているのか気になるところですが、面白い論文を見つけました。「中国人・日本人・韓国人の医療観光の認識と異文化の研究」といった感じのタイトルです。

異文化圏で上手く美容整形治療が受けられるか?

Tourism Managementという医学雑誌ではないと思うのですが、学術論文誌であるのは間違いありません。

済州島を医療目的で訪れる韓国人・中国人・日本人について分析した論文

この論文は済州島を医療目的で訪れる韓国人・中国人・日本人について分析したものです。

赤字で囲ったところが今回の論文の対象となった美容的な治療を受けた日本人の総数です。

論文の対象となった韓国で美容的な治療を受けた日本人の人数

この調査では182人の日本人が美容的な施術を受けていてその人たちに対する韓国側のコメントをまとめると以下のとおり。

  • 大がかりな美容治療は日本人に好まれていた(料金が日本より安いため)
  • 光による治療(レーザーとかフォトRF)は中国人が好んでいた
  • 日本人は費用対効果は不満足であった
  • 日本人は観光も医療も両方に満足を望んでいた
  • 韓流の流行の影響が大きいと考えられる

つまり、韓流の影響で気軽に韓国で美容治療を受けるが、金銭的にも肉体のダメージてきにも大きな治療をうけ、実際の満足度は期待したより日本人は低かったと考えた、というわけです。

しかし、大がかりな美容整形を受けようと考えている日本の方はご注意いただきたいと思います。

残念な韓国整形ツアーを経験した中国人

日本でも美容整形を韓国で観光がてら行う美容整形ツアーがあるようですが、中国でも同じようなツアーがあるそうです。

一部の報道によると中国人で韓国で整形をうけ、非常に後悔しているという気になる話もあります。その人は韓国語は出来ないが仲介業者をかいして韓国を訪れたのです。二重の手術を希望していまいしたが、鼻も少し気になると美容クリニックで話したところ、猛烈なセールスにあって鼻の手術も同時に行ったそうです。しかし、仕上がった顔は典型的な韓国美人顔。帰国してからも、韓国で手術したことがバレバレだったそうです。

韓国で美容整形手術を受けるとバレバレ

たぶんこの中の誰かのようになったのでしょうかね

実は国内でも美容整形の「ビフォーアフター」は議論を呼んでいた

実は美容整形大国と呼ばれる韓国でも同じような番組があり問題が生じていました。

日本のテレビで美容整形を実際に素人モニターに出演してもらって美容整形を受けてもらい、その前後いわゆる「ビフォーアフター」を取り上げた番組があります。

最近ではTBS系「私の何がイケないの?」に登場した、美容整形にかけた費用が総額は2000万円を超えたという「整形サイボーグ」と呼ばれる「ヴァニラさん」がマスコミで取り上げられています。彼女については「フランス人形に憧れた?総額2000万円整形サイボーグ「ヴァニラさん」の全身整形を見て「美」について考えた」と題したブログで私なりの考えをお伝えしました。

そういえば「ビューティーコロシアム」といういう番組もありましたね。

韓国は美容整形を受けた人が人口当たり圧倒的に多い

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2485.html

人口当たり圧倒的に件数の多い韓国です

孔子の言葉「身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり」つまり身体は父母からいただいたものであるから自分勝手に傷つけないようにしないと孝行じゃないよ!と反する美容整形です。なぜ儒教の影響が大きいとされる韓国で美容治療が流行っているのか、色々な考え方がありますが今後検討を加えていきたいと思います。理由の一つとして就職問題が挙げられます。

大学生の4分の1以上が就職前に美容整形を受けている韓国

韓国で人気の番組は「Let美人 (レットミーイン) 」というものです。ビフォーアフターがメインの番組で日本のビューティーコロシアムとほとんど同じ構成です。

最近になって一方的に美容整形を推奨するような番組の内容に対して、かなり危険な手術まで行っているのではないかとの、批判が噴出していまいした。

番組側は美容整形外科医以外に精神科の医師も加わって希望者の選考を行っていると反論しています。あくまで番組側の精神科医は「実際に自分がそのような劣った容姿を持っていない人が美しさを人間の判断基準にするのは間違いだ。実生活で容姿によって損をしている人もいるのだから」と言っていますが、私としてはあまりにも番組寄りの意見ではないでしょうか?

韓国の美容整形番組のビフォーアフター症例画像

韓国のテレビ出演者の例です

就職に有利と考えられているのはアジア金融危機を受け、それ以降景気が下降気味の韓国の雇用市場は厳しい条件に晒されています。その為、いかに良い企業に入るかの決め手が見た目である、とう女性差別的な方向に対しジェンダーの視点に立つ聖公会NGO大学院などの有識者から非難がでた理由です。

就職のために整形するのは常識
http://www.logsoku.com/r/cm/1302064106/

ホントかな?と素朴な疑問もあります

異文化の国で医療を受けるのですから、くれぐれも慎重に

当院でも韓国で安易に美容整形・プチ整形をし思ったような仕上がりにならなくて相談にいらっしゃる患者さんが増えております。

仲介業やガイドさんの中には日本人が追加の美容整形をした場合リベートが支払われる、という話もあります。プチ整形のつもりが、当初予定していなかった治療を訳が分からないうちに行われトラブルになった例もあります。

美容と観光を一緒に楽しんで、なんて考えは危険がはらんでいることをお忘れなく

美容系の治療はまずは情報を集め、手間暇をかけてくださいませ。

執筆者情報

桑満おさむ医師

このブログ記事の筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

医学情報を、難解な医学論文をエビデンスとしつつも誰にでもわかるようにやさしく紹介していきます。

詳しいプロフィール

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読する