【モーニングショー】ヘンテコな感染症の検査におけるバックファイア効果とダニング・クルーガー効果。

ダニング・クルーガー効果というものがあります。能力の低い人ほど、自分の発言が価値のあるものである、と思い込んでしまう認知バイアスのひとつです。

情報系ワイドショーで健康問題を扱うことが、新型コロナ🦠騒ぎのなかで多くなってきました。医師ではないコメンテーター、あるいは医師であっても感染症は専門外、なかには自称医療の専門家さえ登場しています。その方たちによって新型コロナ🦠を判定する検査について、多くの医師等によって否定されている、無闇矢鱈に検査をするべきであるとの主張が見られます。

内輪で持ち上げられたことによって、自分たちの主張が正しいものであると思い込んでしまう、まさにダニング・クルーガー現象状態に陥っているモーニングショーに強い不信感を抱いてしまいます。

どんどん自分たちの考えに閉じこもって、新型コロナ🦠の検査問題を扱う朝のテレビ番組

いや〜、驚きました。朝のバラエティ番組というか、ワイドショーというか、奥様番組ともいうのかモーニングショー(これひょっとして固有名詞?)における新型コロナ🦠に対するPCR検査の取り扱い、かなり凄まじいものであることを聞いてはいたのですが、昨日の休診日に初めから最後までモーニングショーを全部観ました。

そのモーニングショーで取り上げていたのが、新型コロナ🦠(2019-nCoVまたはヘンテコなウイルス)に対するPCR検査の重要性と早期発見・早期治療の有効性に関してでした。

とにかく新型コロナ🦠を判定する検査であるPCRを一般クリニックで手軽に受けられるように保険診療で可能とすること強く繰り返して主張されていました。

なぜならば、新型コロナ🦠をPCR(polymerase chain reaction)によって見分けることによって、ヘンテコな感染症感染(正式名称はへんてこな感染症)の早期発見ができ、早期治療が可能になるため、重傷者や死亡者を減らすことができるから、とのお話でした。

この番組を最初から最後まで観て感じたのが、確証バイアスに溢れかえったエコーチェンバー状態においてのバックファイア効果かかりまくりのダニング・クルーガー効果真っ盛りの出演者の方々です。

確証バイアスはすでに知られていますので、端折ります。エコーチェンバーも聞いたことがあるとは思いますが、以下で説明しますね。

バックファイア効果はあまり耳にしたことが無いと予想しますし、ダニング・クルーガー効果もあまり知られていないと勝手に予想して、モーニングショーにおけるかなりヘンテコな番組構成を解説していきます。

PCR
検査の陽性的中率の計算

これはある有名医師(臨床をやられているかは不明)が新型コロナ🦠のPCRに関して「有病率20パーセント、感度70パーセント、特異度90パーセント」と仮定した場合の陽性的中率に関してのツイートを見かけた時に手元にあった紙の裏を使って私が計算したものです(その医師の間では有名な先生、陽性的中率の答え間違っていたけど)。

1000人を上記の条件で検査した場合の陽性的中率は63.6%にしかなりません。しかし汚い雑な字(笑)。

感染していないのに感染していると判定されてしまう人は80人(偽陽性)、この方達のフォローをどうするのか問題も発生します。

新型コロナ🦠に対するPCRの判定は絶対じゃ無いし⋯

私が観たモーニングショーがなぜかPCRを一押しであり、とにかく早く市中のクリニックレベルで新型コロナ🦠の疑いがある人や新型コロナ🦠が心配な人に一刻も早く保険診療で受けられるようにして欲しい、との内容でここ数日番組が構成されいたことはネット情報で知っていました。

登場された医師(開業医)はご自分の体験を踏まえて、新型コロナ🦠感染が疑われる症例に対して医師である自分が保健所にPCR検査を依頼しても受け入れてくれなかったことにかなりご立腹の様子。

私が知る限りでは厚生労働省は「帰国者・接触者相談センター」(個人的には名称に問題はあると感じます)に患者さんが直接電話連絡してもらうようにするように事務連絡が医師会を通じて封書でとどいているのですけど。とにかく私の手元にある資料では医師が電話するような流れにはなっていません。

お役所がもう少し臨機応変に扱ってくれれば良いのですが、やはりそこはお役所、流れに沿っていないと「帰国者・接触者外来」を紹介することも医師にはしないでしょうし。PCRを受け付けてくれないと思います。

モーニングショーに出ていた医師のクリニックはもちろん「帰国者・接触者外来」設置医療機関では無いはずです。

ネット上でかなり話題になった、こんな方もいらっしゃいます。その後、マイコプラズマ肺炎と診断されたようです。お子さんのことですから、親の気持ちとしては当然かもしれません。ドクターショッピングと批判されているようですが、我が子が同じような状態になったら、このようは行動を取らないとは言い切れません。治療方法の確立している疾患で一安心です。

登場した医師はPCR検査を開業医レベルで保険診療で受けられるようにすれば、確実な診断が早期に可能であり、重症化・重篤化を防ぐことが可能であり、死亡者も減らすことができるとのお考えをくりかえしていました。

確証バイアスは自分の考えを証明するための証拠(エビデンス)ばかりに注視して、他の反証するような証拠には目もくれなくなることを意味します。

患者さん思い故の行動で時間をかけて保健所に新型コロナ🦠のPCRを受けられるように説得しても、結局は検査を受けられなかった気持ちは理解できます(ルールはルールだけどね。

そのエピソードを聞いた他の出演者も、医師が希望していのにPCRができないと断るのけしからん、もっと気軽にPCRが受けられるようにするべきだ、との論調に流れていたように見受けられました。

さらに、その医師は自分の仲間たちからも新型コロナ🦠のPCRが一般開業医でも可能なようにするべきだとの電話やメールをもらっていることも述べていました。

このような状態をエコーチェンバー状態と呼びます。わかりやすいようにwikiのエコーチェンバー現象の説明を記載しておきます。

エコーチェンバー現象(エコーチェンバーげんしょう、Echo chamber)とは、閉鎖的空間内でのコミュニケーションを繰り返すことよって、特定の信念が増幅または強化される状況の比喩である。

世の中では、気軽に手軽にPCRが普及することによって、大量の患者さんが医療機関に押し寄せて、他の病気の患者さんを診察することができなくなってしまうことを危惧する意見も大量に出ています。

韓国では大人数を対象に検査をしたためにこのようなことが起きてしまった、と言われています(参考記事 PCR検査煽る望月衣塑子氏に、医師が「医療崩壊招く」とダメ出し アゴラ)。

こんなこともありえます。PCRを受けて陰性判定、良かった良かったと思っていたら帰宅したら、検査を受けた医療機関で感染してしまった、なんてね。

エコーチェンバー現象からバックファイア効果に至ったPCRの話

どのような検査であっても、偽陽性・偽陰性問題が発生してきます。

今回のブログでは新型コロナ🦠に対するPCR検査が一般の開業医で保険診療で受けられるようになった場合の公的健康保険の財源の問題に関しては触れません。

PCRで陰性と診断されても、実は新型コロナ🦠に感染している場合もありますし、当然、陽性と診断されても感染していない場合も出てきます(ここ重要ですからできればメモを)。

しかし、PCR普及促進の考えにとらわれた集団(エコーチェンバー現象)は、民間の検査会社であれば、新型コロナ🦠のPCR検査は今より膨大な検体を処理できる、との話になっていきました。

民間の検査会社は営利企業ですから、当然新型コロナ🦠のPCRを大量に処理できる検査機器を導入するでしょう。でも、その場合、膨大な数の偽陽性者と偽陰性者が出てきてしまうことを、どのように判断しているのか不思議で仕方ありませんでした。

バックファイア効果とは、ある認識を持った人がその認識に対して反論すると、どんどん自分の認識にこだわってしまうことを意味します。

もしも、モーニングショーに出演されている人々がエコーチェンバー現象にどっぷり浸かっていなかったら、周囲から反論を聞いて、「そうか、そんな考え方もあるんだ。自分の認識をもう一度見直そう」となるはずなのですが⋯今の時点で反論したらますますバックファイア効果は強まってしまうように感じてしまうような一致団結感の強い出演者たちでした。

ダニング・クルーガー効果をかなり拗らせたコメンテーター

私がかなりマズイと感じたのが、感染症の専門家に対するレギュラーコメンテーターのインタビューです。一般的な感染症に対する質問をしていたのです。「新型コロナ🦠」との言葉はインタビュー中には一回も聴き取れませんでした。

https://twitter.com/morningshow_tv/status/1232543332041023488

どんな感染症であっても早期発見・早期治療が重症化・重篤化を防ぐことは当然です⋯もちろん治療方法がある場合に限られますけどね。

インタビューに答えていた感染症の専門家は実際に放送された内容をご覧になって、さぞかし驚かれたことだと予想します。

さらにまだまだ研究中である薬が新型コロナ🦠の特効薬であるかのような内容のVTRまで流されていました。

ダニング・クルーガー効果(Dunning–Kruger effect)はこれまたWikiによると

能力の低い人物が自らの容姿や発言・行動などについて、実際よりも高い評価を行ってしまう優越の錯覚を生み出す認知バイアス。

ここで誤解をして欲しくないのは、レギュラーコメンテイターに対する好き嫌いはあるでしょうけど、私は時々この方の発言を正論だよ、論理的だよ、と感じることがあります(残念ながらいつも車の中で音だけですけど)。

彼が能力が低いと言いたいわけではありません、医学に対しては素人である故にPCR検査の偽陽性・偽陰性問題は頭から消去して、ご自分の考えが正しいとの強い意思のもとにインタビュー内容を解釈したのだと思います。

番組の構成上、他のレギュラー出演者は司会に徹するために、コメンテイターの意見を尊重しざるえないと思うのです(私もかなり大人の対応ができるようになりました)。

強気のコメンテーターをさらに強気にさせてしまっているのがゲスト(半ばレギュラー化しているようにも思えるけど)の医療関係者の頷きです。彼ら彼女らはご自分の主張の正しさを確証バイアスからエコーチェンバー状態のスタジオでさらに確証し、そのご意見がバックファイア効果の中で熟成されてしまい、多分今ではダニング・クルーガー効果にガッチガッチに包まれているのではないでしょうか?

以上、かなり危険な方向に進んでいるモーニングショーだと感じました(※個人の感想です)。

なお、心理学用語については私は素人ですので、用語の解釈に関して間違っていたら陳謝いたします。また、心理学用語の説明がWikiからの引用になってしまったのも、心理学は門外漢ですからお許しいだだけたら幸いに存ます。

ちなみに当院でもPCRは泌尿器系の感染症でかなり使用しますので、PCRの理論や仕組みについては理解しているつもりです。完璧に治療が完了したと判断しても、PCRをすると陽性判定が出ることがあります。

偽陽性判定の理由としてはあまりにも感度が高いと病原体の死骸の遺伝子さえも増幅しちゃいますから(これもできればメモをおねがいします)。

おまけ:レギュラーコメンテーターがもう一人の医師にもインタビューしていました。PCR一押しの論調であったこの医師は前掲の陽性的中率の答えを間違ってTwitter上に投稿してしまった医師と同一人物であることを書き添えておきますね。

翌日もワイドショーを見てしまって言い足りないので、こんなのも書きました。

だれが陽性的中率まちがえたのか、お時間のある方は探してみてくださいね。

お時間があればこれもどーぞ。

感度を間違って解釈している人が多いですし、特異度に関して触れたワイドショーは無さそうかも。

執筆者情報

桑満おさむ医師

このブログ記事の筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

医学情報を、難解な医学論文をエビデンスとしつつも誰にでもわかるようにやさしく紹介していきます。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読するインスタで桑満おさむ医師のアカウントをフォローする