ウイルス感染

ウイルスは細菌の50分の1の大きさしかない非常に小さく、細菌と違って細胞を持っていません。ウイルスは他の細胞に入り込むことで生きています。生きていますとはいっても、ウイルスはそもそも「生き物」ではないともいえるのが難しいところ。

ウイルスを体内に取り入れてしまうことが感染と思われがちですが、ウイルスは細胞に入り込む必要があります。ウイルスが細胞内に定着して増殖して寄生した状態のことを「感染した」といいます。つまりウイルスを吸い込んでも細胞内に定着して増殖しない場合は、感染ではないのです。エボラウイルスは血液を介した場合ほぼ100%の確率で感染しますが、ウイルスの種類は様々です。ウイルス=触れたら感染、という認識は正しくありません。

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読するfeedlyで五本木クリニックのブログをinoreaderで購読