一般診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-50-5929

一般診療TEL03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

美容診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-70-5929

一般診療TEL03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木・日・祝日休)

オンライン診療はじめました⋯まずは既存の患者さん限定で開始させていただきます。

五本木クリニックではオンライン診療を導入しました。

当記事投稿時は既存の患者さん限定でしたが、現在は初診の方も対応しております。当院のオンライン診療のご利用方法を紹介しておりますので、ぜひご利用ください。

導入をためらっていたオンライン診療を開始します

新型コロナウイルスの影響からオンライン診療(遠隔診療)可のクリニック・病院をお探しの方が急増しています。

新しもの好きな私としてはオンライン診療に強い興味をもっていました。

しかし、当院の保険診療部門の80%くらいが泌尿器科領域の患者さんで占められています。あとの30%は生活習慣病と言われる高血圧症・高脂血症・糖尿病です。泌尿器科の場合はどうしても尿検査をしたり、エコー検査をしたり、血液検査をしたりする必要があり、オンライン診療は無理と判断していました。

そして生活習慣病の患者さんの多くはご近所のお年寄りが主。「先生の顔を見に来たんだよ!」的な患者さんが大多数です(まあ、私のノリを理解してくれているご近所さん、ってことです)。

今回、新型コロナウイルスの蔓延によって、医療機関として一番気をつけなければならないのが院内感染です。

院内感染はどちらかというと患者さんから患者さんへが多いと、いまのところは言われています。

だから、当院はマスク着用をすべての患者さんにお願いしています。お持ちでない方には無料でマスクをお渡ししていますし、院内に入る前にかならず検温と手指消毒をお願いしてます。

「お大事にしてください、家に帰ったらしっかり手洗いをね」と挨拶したら、患者さんから「先生こそ気をつけてね」と温かい言葉をいだだきちょっと涙しました。

そんなことが毎日何回もあると、東京は緊急事態宣言を受けて、さらなる外出の自粛が求められている、お年寄りを感染リスクが低いとは言えないクリニック内に長時間留めてはダメじゃんと考え、遂に決断しました。

オンライン診療を上手に活用して感染を避けよう

読売新聞 2020年4月23日 社説「オンライン診察 上手に活用して感染避けよう」、これを朝イチで読んで、オンライン診察を当院でも予定より早めに開始することを決断しました。

オンライン診療はじめました〜!

なれないオンライン診療なので、まずは当院の既存の患者さん限定でスタートさせていただきます。すぐにオンライン診療の流れは把握できると思うので、当院は初めてという患者さんにも対応できるようにいたします。

ここの「オンライン診療はじめました〜!」を「冷やし中華はじめました〜!」のノリでお読みいただけた方は十分に私のノリをご理解くださっている患者さんだと確信できます。

では、当院の既存の患者さん限定のオンライン診療の受け方をお伝えしますね。

オンライン診療はスマホやタブレットをお持ちの方に限ります。でもねえ、こんな時節がらから煩い厚労省も医師会も電話によるオンライン診療も認めてくれています(これは期間限定っぽい)。

まずはスマホやタブレットをお使いの方へのオンライン診療の利用方法をお伝えします。

スマホに慣れていらっしゃる方は、下記ボタンよりサクッとオンライン診療アプリをインストールしてください。

遠隔診療アプリのポケットドクターiOS オンライン診療アプリをGooglePlayでダウンロード

オンライン診療を始めるのは簡単、まず【アプリ】をインストールしてください

アプリとは、スマホやタブレットの画面にずらっと並んでいる四角い図のこと。

iPhoneほホーム画面

オンライン診療に必要な新しいアプリをお使いのスマホに入れます。

当院ではポケットドクターという名前のアプリを使用しますので、このアプリをスマホに入れる(インストール)方法からご説明します。

iPhoneをお使いの方向けにまずお伝えします(ソニーやシャープ等のiPhone以外のスマホでもほとんど同じです)。

ポケットドクターのアプリをApp Storeで検索

iPhoneの画面からこの「App Store」というアプリをタッチしてください。

App StoreのアイコンApp Store

そこの検索窓の虫眼鏡のかたちのところに「ポケットドクター」といれると、この画面が現れるはずです(現れない人は後ほど、対処法を説明します)。

アプリストアでポケットドクターを検索
そこの「入手」をタッチします。
アプリのインストールされます。
続いて「開く」をタッチします。
ポケットドクターのログイン画面
新規登録はこちら」をタッチ。

すると↓のような画面になります。

ポケットドクターの電子メール入力画面
ここにメールアドレスを入れてください。

ここで使用するメールアドレスはスマホで受信可能なメルアドをお願いします。

そして「メールを送信する」をタッチ。

スマホで受信できるメールに登録するための案内メールが来ます。

ポケットドクターに新規登録後に自動送信されるメール
メールに書かれたURL https://pdts.optim.co.jp/user/activation?sign_up_⋯・・、をタッチすると先程インストールしたアプリが使えるようになります。

アプリに戻ると次にような画面が出てくるはずです。

「医療機関で発行されたポケドクナンバーを入力してください。」

と出ますので、五本木クリニックの番号
11027051
を入力してください。

五本木クリニックの番号
「11027051」を入力
するとこのような画面になります。
My医療機関として五本木クリニックを追加
ここで「五本木クリニック」とタッチすると
ポケットドクター内の五本木クリニックの画面
このような画面になりますので「再診予約」のボタンをタッチ。

すると

オンライン診療受診可能な日時の選択
このようの私の画像が現れます(これ髪型がなんか変)。

そして「再診」のボタンの下の「桑満おさむ」をタッチすると

五本木クリニックのオンライン診療の予約画面
こんな画面になります。

ここで日時の指定をしていただき、オンライン診察の予約が完了です。

五本木クリニックでのオンライン診療対応日時のご案内

●月曜日から水曜日の12:30〜14:30

●金曜日の9:30〜12:30

からスタートしてみます。

以上の流れでうまく行かなかった方は⋯面倒ですが、ご家族にお手伝いいただくか(結構字が小さくて老眼にはきつい)、当院の昼休み中にでもご来院ください(空いていますからね)。あるいは、次回ご来院のときにスタッフまでお申し出いただけると、院長である私とは大違いで親切と評判の受付スタッフがお手伝いします。

オンライン診療時のお会計は?

クレジットカード等面倒なことはすっ飛ばしても構いません。後でお伝えしますが、処方箋をお送りしますので、そのなかに診察料の振込先を同封します。

まあ、いつもの患者さんなので、世の中が落ち着いた時期に次のリアル診察時にお支払いでもOKです(ツケでもOKってことね)。

基本的にはテレビ電話。お薬が必要な場合には処方箋を発行します。

オンライン診療、実際にはスタッフと練習を繰り返しています。

どのような操作が必要か、どのような点で混乱しやすいかについては、近々記事を追加しますね。

オンライン診療は基本的にはテレビ電話だと考えてください。ネットで予約できるテレビ電話です。通常の診療で私と話している内容でOKです。嫁の悪口とかも大丈夫ですが、ある程度の時間を見計らってやめておきましょうね。

気になるお薬です。基本的には処方箋をお送りします。院内処方だと、色々と面倒なことが起きる可能性がありますので、まずは処方箋の郵送で開始します。

オンライン診療のアプリを使用するのが面倒な方は、お電話による診療も

今回の非常事態を鑑みて、電話でご様子を伺い、処方箋を郵送することも可能です。

できれば今後のことを考えて、これを機にポケットドクターのアプリをダウンロードしていただくのがお互いに安心感があるはずです。

なお、女性、特に若い女性はスマホでオンライン診療をするにあたって、お化粧の必要はありません(笑)。

以上、五本木クリニックではオンライン診察を開始のお知らせでした。

対象はいまのところは既存の患者さんのみとさせていただきます。

理由は当方もまだ始めたばかりで運用に慣れていないためです。

近いうちに初診の患者さんへも対応できるよう、私はもちろんスタッフ一同きっちりトレーニングしていきます。

このような時節がら、みなさま、くれぐれもご自愛ください。