短時間で冬に貯め込んだ脂肪をリバウンドなしで減量する、って都合のいい方法教えます

脂肪を貯め込んで、寒い冬を過ごすように人間があたかも冬眠するクマのように書いてある記事を時々見かけます。

確かに冬眠する動物は秋口に食べられるだけ、食べて食料の少なくなる冬の期間をそれこそ寝て過ごしていますが、人類は冬眠をする体の構造にはなっていません。

食事や運動だけでリバウンドなしで減量する方法ってあるか?

「冬太り」とか「正月太り」といった言葉があるように、食べ過ぎ・運動不足(寒いとあまり運動したくないですものね)によって冬の期間は余計な脂肪が溜まりがちとなります。

私の周囲のオッサン友達の間で冬は12月のホノルルマラソンに始まり、2月の東京マラソンに参加するのが少し流行になっていますが、体型の維持っと言うよりはやることがなくてなんか目標を定めてそれに夢中になって他のことを忘れたい、という会社や家庭内での中年以降の残念な立場からまるで逃避する行動に思えてしまいます。

幸いにして、私の場合はクリニック内でも立場は安定していますし、家庭内でもあるていどかまって貰えるので逃避の為に、走りまくったりする必要はありません。

一番太りやすい季節

http://ameblo.jp/nyadiet/entry-11763184451.html

ここ二年間は冬太りなしに過ごせています

もともと年末年始に行事ごとが多く、運動をする習慣も無い私は冬太りをする傾向はありましたが、ここ2シーズンは全くそのようなことは起きていません。リバウンド知らずのダイエットとして女性誌などで見かける方法は
・規則正しい生活をおくり3食をしっかり摂って、食べ過ぎないこと
・脂肪を燃焼させる筋肉量を維持する為に基礎代謝を下回るカロリー制限はしない
・極端にかたよった○○制限ダイエット、○○だけを食べるダイエットは避ける
なんてことが書かれていることがありますが、これらの方法自体への賛否も存在していることは賢明なる読者の方も承知のことだと思います。

通常のダイエットって肥大化した脂肪細胞を小さくするだけど、脂肪細胞自体を減らすことは出来ません。ですから、せっかくダイエットによって小さくした脂肪細胞も油断しているうちに再び肥大化してしまいますので、これがリバウンドと呼ばれる状態になってしまいます。

2012年の9月に肥満細胞を破壊する治療機を導入する為に実験台として試して私ですが、かなりの効果を上げたことはブログを書き始めたころに報告しています。かなり運動嫌いでスポーツ観戦もWWEを除いて滅多にしない私ですが、脂肪破壊マシーンのおかげでリバウンドなしに二年間すごせているのも、脂肪細胞自体の数を減らす方法を体験したからだと思います。

通常のダイエット方法って急ぎには間に合いません

今、ダイエットに焦っている方はさすがに春休みの旅行にあわせてと言う方ではなく、今シーズンの夏まではスッキリした体型になりたい、又は戻りたいという方が多いのではないでしょうか?半袖になることが多くなる春先にどうしても二の腕が⋯という方も多いですし、ゴールデンウィークに海外旅行する為にどうしても急いで瘦せたいという、我がままな患者さんにもお答えするのも、クリニックの実力をお見せできるいい機会ではないか、とほくそ笑んでいる当院です。

4月から消費税も5%から8%に増税ということになりますが、当然当院の料金も税込みですとその分高くなってしまいます。だからといって駆け込み需要が増えても、当院の痩身治療で対応できる患者さんの数は限られますので⋯。

そんな時、当院に通いなれた女性、とくにおばさんは必ずおっしゃります、「消費税が上がる前に予約を入れたのに予約が入らなかったじゃない」。不明朗な料金システムが問題となる美容クリニックが多い中で、明朗会計を売りにしている当院としてはHP等に掲載する治療費は税込み表示ですので当然5%のときと8%の時では変わっているはずです。でも、おばさま達に上記の様な理由を言われてしまうと「今回は特別に5%の時と同額で治療させていただきます」と言ってしまう弱気な美容担当松下医師、それに加えて医療痩身仲間を増やそうとしている私もオッサンが「急いで短時間にダイエットしたいんだけど」なんて無理な注文してきても、私自身の術前術後の写真を見せてしまう傾向があります。

この前は「今手持ちが無いんだけど」というオッサンに早く効果を体験してもらおうと思って、当院自慢の「寝たまま痩身」をツケでおこなって事務担当に厳重注意を院長自らが受けてしまいました。

楽して、短期間でリバウンドなしに急いでダイエットする、というそんな都合のいい話があるんです

私のブログを読んでくれている方には何について話しているかは、理解してされていると思うんですが、初めて或いは私のブログを最近になってお読み頂いている方は「コイツ何をもったいぶっているんだ」「話が見えないぞ」と思われでしょう。

当院では楽に確実に脂肪細胞を減らす方法を「寝たまま痩身」と呼んでいます。もちろん死亡の危険性がある脂肪吸引ではありません。詳しくはこちらをクリックしていただければOKです→寝たまま痩身コース 
私の使用前使用後の写真なんかみたくないぜ!という方はクリックしないでね!ww

執筆者情報

桑満おさむ医師

このブログ記事の筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

医学情報を、難解な医学論文をエビデンスとしつつも誰にでもわかるようにやさしく紹介していきます。

詳しいプロフィール

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読する