五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科泌尿器科の検査膀胱水圧拡張術

膀胱水圧拡張術

膀胱水圧拡張術とは

膀胱の粘膜と筋層の間にある間質が硬くなり、炎症を起こす間質性膀胱炎が疑われる場合に行われる検査です。膀胱鏡検査の際には、膀胱に生理食塩水を注入して拡張させたうえで、膀胱粘膜の変化や出血の程度などを確認します。

膀胱水圧拡張術を実施することで、正常な粘膜の再生を促したり、膀胱の大きさを増やしたりする効果があり、間質性膀胱炎の治療も兼ねています。

検査で分かる病気

検査方法

検査台にあお向けに寝て下半身麻酔をかけます。胱内に生理食塩水を注入して強制的に膀胱を拡張させ、数分後に生理食塩水を抜くと、炎症を起こしている部分がひび割れて出血します。水圧拡張術を行う前後に、膀胱鏡による映像をモニターに映し出し、膀胱粘膜の状態を観察します。

膀胱水圧拡張術による出血は比較的軽度で、数日で収まります。

検査項目

生理食塩水注入による強制的な膀胱内の拡張、膀胱鏡による膀胱粘膜の観察

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。