五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科おしっこ(尿)の色が濃い、茶色っぽい

おしっこ(尿)の色が濃い、茶色っぽい

症状

尿は腎臓で血液をろ過することによって作られ、体の中の不要な物質を体外に排泄する大切な役割があります。健康な時の尿は、透明~薄い黄色ですが、健康状態によって尿の色が変化することがあります。
原因によって、尿の色の変化が1回だけのことも、持続的に続くこともあります。汗をたくさんかいて脱水気味の時には、おしっこが濃縮されて色が濃い、茶色っぽいおしっこがでることがありますし、激しい運動後はコーラ色、赤ワイン色の尿がでることもあります。おしっこの色が濃い、茶色っぽいなどの状況が続く場合は、下記に記載している疾患の疑いがあります。
また、茶色っぽい褐色尿が出る原因としてさまざまな病気がありますが、褐色尿以外の症状として、黄疸、発熱、貧血、腹痛、吐き気、嘔吐などがあった場合は、原因を調べる際の手がかりとなることがあります。

原因

おしっこ(尿)が茶色っぽいなどの異常な色の原因は、ほとんどの場合、尿の顕微鏡での観察や科学的な検査で分かります。
水分摂取が少ないときは、やや黒みを帯びた濃い茶色の尿は時々みられる変化ですが、水分をとれば改善します。
一方、病的なものとして、腎臓、尿管、膀胱など尿路のどこかで出血がおこり、壊れたヘモグロビン(赤血球にある酸素を運ぶたんぱく質)がおしっこに混ざった場合、また、赤血球が破壊される一部の病気によっても、壊れたヘモグロビンがおしっこに混ざることがあります。
その他には、壊れた筋肉のタンパク質が混ざっている場合や、服用している薬や食料品の色素によっておしっこが茶色っぽく変化する場合、病気によって発生する色素によって赤くなる場合などさまざまです。

疑いのある疾患

溶血性貧血

通常、血液中の赤血球の寿命は約120日ですが、赤血球の寿命が短くなったことで起きる貧血を溶血性貧血といいます。

原因は様々でまれな病気ですが、赤血球の破壊が重度であったり、急速であると、軽い黄疸症状(全身の皮膚や眼球が黄色く染まる状態)がでることがあります。壊れたヘモグロビンが処理されてできるビリルビンが尿中に漏れ出すことで、茶褐色の尿がでます。

横紋筋融解(おうもんきんゆうかい)

横紋筋といわれる筋肉細胞が何らかの原因で一部分が死んでしまい、血液中に流れることで起こります。手足に力が入らない、手足がしびれる、こわばる、筋肉痛、全身がだるいなどの症状があらわれ、重度の場合は腎臓の機能が悪くなることもあります。

尿の色は褐色になり、原因としては、薬剤性(医薬品の副作用)、高い運動強度の運動、挟まれて傷になったものなどの外傷があげられます。

ポルフィリン症

人の赤血球中には、肺で取り入れた酸素を体の組織に運搬する、ヘモグロビンというタンパク質があります。

このヘモグロビンはヘムとグロビンというたんぱく質が結合してできたもので、このヘムを合成する過程に異常があるとポルフィリン症が起こります。尿中にポルフォビリノーゲンが増加するため、褐色の尿になります。

薬剤性

センナ、センノシド(アローゼン、プルゼニド)などの下剤で尿が黄褐色~赤色に、エパルレスタット(商品名 キネダック)という糖尿病薬で黄褐色~赤色に、カルパゾクロム(商品名 アドナ)いう止血剤で茶色~黄褐色に変化するといわれています。

尿の色の変化がある薬を処方される時には、薬剤師から説明があります。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

尿の色の違いによる疾患の可能性

赤色 血尿尿路結石症など
白濁色 腎盂腎炎膀胱炎など
無色 水分過多、腎不全、糖尿病など
赤褐色 横紋筋融解症など
茶色 脱水症状、ヘモグロビン尿など

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。