五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科尿道カルンクル

尿道カルンクル

尿道カルンクルとは

中年以降の女性の良性尿道腫瘍としては最も多く、尿が体外に出る外尿道口付近の尿道後壁から発生します。大きさは大豆くらいで、赤色の比較的やわらかい腫瘤です。尿道に付着している本体が、外尿道口からはみ出しています。

症状

排尿時の尿道出血、血尿が多く、排尿痛や接触痛があることもあります。また、腫瘤には、血管が多いため触れると容易に出血し、疼痛があります。小さいものでは、症状がないことも少なくありません。

原因

現在のところ、原因ははっきりとしていませんが、便秘や多産などが関係しているのではないかという考え方もあるようです。

診断と検査

台上診(視診)のみ

当クリニックの考え方・治療方法

基本的にはしばらく何もせず経過をみれば炎症が落ち着き小さくなります。出血と痛みがくり返すときは、手術で摘除します。

処方される主な薬

抗生剤、鎮痛剤を使うこともあります。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。