●一般診療のお問い合わせ

0120-50-5929

03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

0120-70-5929

03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木曜・祝日休)

院長ブログ

白砂糖は悪魔、さらに、体も心もぼろぼろにする!!??そこまで悪者にしなくても。

砂糖が体も心もぼろぼろにする、ってのは知らなかった

砂糖が高カロリーであり、口当たりもいいからダイエット中の方にとっては魔物であり、悪魔である、という言い方はよーく理解できます。甘さを補うための人工甘味料が発がん性などの噂がでていることも承知です。多くの虫歯の原因が砂糖であることも広く知られている事実ですけど

ダイエットの本が白砂糖は悪魔、という表現をとるのは問題無い

って考えます。だって美味しくてついついケーキやお菓子を食べちゃう心理ってオッサンでもありますからね。でも教育の現場で

砂糖は体も心もぼろぼろにする、って教えていいんですか??

ダイエット中にどうしても甘いものを食べてくなってしまうんで、そんな時は「砂糖は悪魔、砂糖は悪魔」と唱えながら(想像するとちょっと怖いけど)我慢するのは、自分との戦いであって他人がとやかくいうことではないです。食事に対する教育という意味で「食育」がありますが、学校の指導マニュアルで「砂糖は体も心もぼろぼろにするから、食べてはいけませんよ」と先生がいったらちょっとドン引きますよね。それを促している一派が存在するんです。

Devil’s_Food_Cupcakes
http://icing-sugar.net/より

砂糖が体も心もぼろぼろにする派とは?

砂糖の増加が現代人の病気の増加、肥満の増加を引き起こしているという説は以前からあるのですけど、疫学的にそれを完璧に証明した医学論文って実はないのです。砂糖=糖尿病、ではありませんし、砂糖=肥満、でもありません。米国のシリアル会社が第二次世界大戦後に安くなった砂糖を利用して、コーンフレークに大量に砂糖をふりかけたものを販売して急激に売り上げを伸ばしたことは事実です(ニワトリのマークは砂糖なし、トラのマークは砂糖ありの、元祖健康オタク博士の関係者の会社のもの)。

巨大食糧産業が陰謀論者のかっこうの攻撃目標になることがあります。しかし、砂糖が体はともかく心さえもぼろぼろにすることってあるんでしょうか?さらにそれを教育現場で教えることをアドバイスするサイトには驚きです。
TOSSランドというサイトが運営している「明日の授業を5分で準備!指導案・授業コンテンツ共有サイト」砂糖は体も心もぼろぼろにするというページがあります。対象は小学校六年生の体育・保健の授業で、実際に授業を進める様子を事細かに指導しています。

指示1 この中で好きなものに手を挙げます。(ソフトクリーム、ケーキ、ドーナッツ、チョコレート、コーラ)
発問1 これらのおやつには、共通点があります。何ですか。
 ・甘い ・おいしい ・砂糖が入っている
説明1 砂糖が入っていることです。砂糖は人のエネルギーのもとになったり、熱を生み出したり、脳の働きを助けたりするとても大切なものなのです。でも、とりすぎると、体に悪い影響が出ます。
発問2 どんな悪い影響が出ますか。ノートに書きなさい。
・太る ・病気になる ・血液がどろどろになる ・虫歯になる
説明2 砂糖をとりとりすぎると、肥満になったり、カルシウムが不足して、骨がスカスカになって折れやすくなったりします。また、ひどい時には、糖尿病という病気にかかり、目の血管がやぶれ、目が見えなくなってしまいます。
発問3 小学生が一日にとってよい砂糖の量は、角砂糖何個分だと思いますか。
    (1個が5g)・1個 ・5個 ・10個 ・100個
説明3 正解は4個分です。さきほど見せたおやつには、どれほどの砂糖が入っているかを紹介します。
    画像で提示する。(ソフトクリーム、ケーキ、ドーナッツ、チョコレート、コーラ)
説明4 1つ食べてしまえば、とってよい量をこしてしまうのです。
    ※砂糖をとりすぎるとどんな病気になってしまうのかを、再度、映像で確認する。

前述サイトより
ここまでは、砂糖のとりすぎがいけないよ、という内容です。でも、発問2にある「血液がどろどろになる」というのはテレビの健康情報番組の見過ぎですね、明らかにこの発問を考えた方は。説明4の一つ食べると、とりすぎになる、って言われてもおやつでだされてたケーキやドーナツを残したら、めちゃくちゃお母さんに怒られるし、もったいないと言って糖尿病のおばあちゃんが食べちゃうじゃないですか〜!!発問考案者さん!!これ以降が明らかにある一定方向へ話は進んでいきます。

説明5 砂糖をとりすぎると、体の病気以外にも次のようなことが起こります。
イギリスに、「マイケル」という小学生がいました。この子は、すぐに喧嘩をする子でした。兄弟や学校の友達をつねったりひっかいたりなぐったりしていました。勉強や遊び等を集中してできず、落ち着かず手が震えていました。いつもイライラして怒りっぽく、 自分の爪をよくかんでいたそうです。お母さんが心配してお医者さんに相談しました。お医者さんは、その子が毎日食べているものを調べました。すると、毎日、アイスクリーム、ケーキ、チョコレート、お菓子、甘い飲み物をご飯代わりに食べていました。お医者さんは、お母さんと相談して「甘いもの」を全く食べさせないようにしました。数週間すると、マイケルは前とは全くちがった、穏やかな「よい子」になったそうです。(「砂糖は体も心も狂わせる」より)
説明6 イライラしたり、ちょっとしたことでキレルのは、カルシウムが砂糖によって壊されてしまったからなのです。
指示2 砂糖をとりすぎないためには、どうすればいいのかをノートに書きなさい。
・砂糖の量を考えておやつを食べる ・自分で体にいいおやつをつくる
説明7 これからも、砂糖をとりすぎないためには、どうすればいいのかを考えていってください

前記サイトより

あのね、まず「マイケル」ちゃんは実在の人物なんですか?どこかの論文にでも書いてあったんですか?もし、論文があるのなら必ず引用先を明記しないと、適当な話だと誰でも思いますよ。もし、論文があったとしても「マイケル」なんて個人の名前を書くことありえないんですけど、説明5の作成者さん!!

よくよく読むと元文献らしきもの「砂糖は体も心も狂わせる」がありました、1982年に日本で書かれた本のようです(早速、Amazonさんに注文しました・・・届いたらこの本も多分disります)。

砂糖有害論はなぜ出たのか?

このトンデモ問答集にあるように脳は砂糖が多く含むブドウ糖をエネルギー源にしています。疲れたり、勉強のしすぎで脳のエネルギーを消耗すると、甘いものを欲しくなるのは生理学的に自然な行為です。エネルギー源であるブドウ糖をここで補給しないと逆にマイケルちゃんのようにイライラしたり、集中力がなくなるんじゃないでしょうか?一時期、海外で砂糖がうつ病や非行の原因になっているとされたことがあります。

必要以上に血糖を下げるインスリンが分泌されてしまう「インスリノーマ」という病気の場合、精神的な問題を引き起こすという説が流れ流れて

砂糖→インスリン分泌→血糖が下がる→インスリノーマの症状→キレやすい

となったことが予想されます。しかし、インスリノーマと精神的な問題は全く無関係であることが明らかになっている現時点では

砂糖→キレやすい

という論法は全く成り立ちません。

砂糖と呼ばれている白い魔物(まるで麻薬だな)はブドウ糖と果糖が混ざった炭水化物ですから、炭水化物を制限するダイエットをしている人にとっては大敵でしょうけど、育ち盛りの小学校六年生に「砂糖は心もぼろぼろにするよ」的な教育を施す教師の方が問題ではないでしょうか?さらにたった5分で明日の授業の用意をするくらいですからさらに悪魔です!!