• サイト内検索ボタン
  • クリニックへ電話
  • お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

泡立ち尿って病気?おシッコの泡が気になる方へ泌尿器科医がアドバイス

尿が泡立つんだけどこれって病気?おシッコの泡が全然消えないんだけど、と気になっている方は大変多いです。

健康診断で必ず行う尿検査。尿検査では尿の成分を調べますが泡については調べません。泡立つ尿は果たして病気と関係があるのか?泌尿器科医が詳しく解説します。

オシッコで泡立つと病気と思う人が多いんですけど

尿検査は患者さんにとって、リスクがなく簡単に病気の存在をしることができ、更に費用もあまりかからないために健康診断などで多く使われる方法です。でも、スクリーニング検査ではリトマス試験紙のようなものを使って調べるだけで、尿の泡立ちを注意深く診ることはほとんどありません。患者さんとしては毎日少なくとも7−8回はトイレに行くでしょうから、いつもより尿が泡立ってしまうと、何とはなしに「腎臓でも悪いのではないか?」と思う方が多いようですので、今回は尿が泡立つのは病気の前兆であるのか、あるいは病気は無関係と考えればいいのかについて検討してみます。

www_eiken_co_jp_product_ippan_pdf_E-UR_pdf

オシッコを泡立たせる要素

尿の勢いが強く、専門用語で尿流が強いといいますが、その場合、尿が勢いよくトイレを満たしている水に注がれると空気が大量に含まれる為に泡立つという現象が起きる可能性もあります。正常な尿であっても「ウロビリノーゲン」といわれる物質が含まれていて、この成分が界面活性作用を持っている為に、泡を作る効果がありますので、正常でもオシッコが泡立つという現象が起こりうるのです。

なかなか消えない尿の泡は病気の可能性が出てくる

キメの細かいクリーミーな泡が立ち、それがなかなか消えない場合は尿タンパクの影響によっていると考える医師も多いのです。しかし、通常は座ってオシッコをしている男子が立って勢い良く排尿すると前述したように泡が立ち易くなりますが尿の泡がビールの泡のごとく、きめ細かく且つ消えにくい場合は尿タンパクの影響とお考えください

コーラの泡ってすぐ消えるけどビールの泡がなかなか消えない理由

ビールの泡はなかなか消えないけど、コーラの泡って結構すぐ消えますよね。ビールの場合はペプチドとよばれる物質が界面活性剤の働きをするので泡がなかなか消えません。そのペプチドはビールの原料である大麦由来のものですから、大麦に含まれる蛋白の成れの果てともいえます。一方、コーラには蛋白の分解質であるペプチドは含まれていませんので(コカコーラの成分は極秘事項であるというのは実は都市伝説です)、当然炭酸によって泡が立ってもすぐ消えてしまうのです。

なかなか消えない尿の泡の原因はタンパク質

ビールの泡はペプチドのおかげで消えにくい、では尿の場合は?ペプチドの代わりの役目を尿では蛋白が行うのです。タンパク質が尿に多く含まれているとなかなか泡の消えない尿になるのです。

尿検査でタンパク質の量を計っているのはご存じの方も多いと思います。はい、つまり、きめ細かでなかなか消えない泡が立つ尿は病気の前兆の可能性がでてきます。

ビールを例におしっこの色と泡を専門家が解説

ちなみに尿の色が気になる方はこちらをご覧ください⋯

尿が泡立つと蛋白尿や糖尿病?

オシッコに蛋白や糖がたくさん混じっていると尿の粘性(粘り気)が増加するので、尿が泡立つという現象が起きます。

泡が気になったらまず検査を受けましょう。泡=病気ではありませんが、可能性はああります。それをはっきりさせましょう。

尿検査ではウロスティックやウロペーパーという検査方法を使用して同時に蛋白や糖も医師がきちんとチェックしますので、それらに異常があれば必ず「尿に蛋白が結構混じっていますね」とか「糖尿の気があるって言われたことないですか?」とかの質問をしてくるはずです。いくらウロスティックで蛋白が+となっても病気であることを確定するためには、蛋白がオシッコ1dl当たり、何ミリグラム含まれているかという検査を追加しますし、糖が大量に出ている疑いがある場合は、血液検査を薦めることになります。オシッコに大量に蛋白が含まれていると「ネフローゼ」という病気の可能性が高くなりますので、血液検査などの精査が必要となってきます。

尿検査
尿検査
2019-09-08

膀胱に穴があいて直腸のガスが漏れた特殊な症例

これは私が実際に経験した患者さんなんですが、排尿時にオシッコにおならが混じるとうことで当院を訪れました。ウソみたいな話ですが実話です。尿を調べると尿の中に「糞便」が混じっていました。よく話を聞くと、以前血尿がでて膀胱に内視鏡を入れる検査をしたことがあるとのことでした。昔の膀胱内視鏡は今のような軟らかい胃カメラのような形状ではなく、まさに鉄の棒を尿道から膀胱に指しこむといった今考えると恐ろしい検査でした。某大学病院で行なわれた検査でしたが、当院で膀胱内視鏡を使って中を覗いたら、ぼっかりと穴が膀胱を貫いて直腸まで通じておりました。つまり、オシッコをすると同時に大便もでてしまっていて、それにガスまで混じり込んでいたのです。

h040208_pic_11_jpg__364×205_

硬性鏡という曲がらない内視鏡です。手術ではこれを使用します

直ぐに消え去る尿の泡は本来は気にすることはありませんが、こんなこともありますので、オシッコが泡立つのが気になったら、まずは泌尿器科を受診してくださいね。

もちろん当院は保険診療で泌尿器科をやっています。五本木クリニック一般診療サイトをご覧くださいませ。