コーヒーって虫歯の予防にもなるんですね、ブラックですが⋯。

著者アイコン

大人の飲み物のイメージが強いコーヒーですが、健康面でマイナスになるという医学論文ってあまり見かけないのです。

もちろん妊娠中のカフェインは胎児に悪影響を及ぼしますので、避けるべきですが、今回「ブラックコーヒーは虫歯予防になる」という話が持ち上がっています。

ブラックコーヒーによる虫歯予防効果なぜ期待できるのか?

ブラックコーヒーの効果を取り上げたのは http://www.dailymail.co.uk/です。こんな感じで大きく扱っています。

How_a_cup_of_black_coffee_stops_your_teeth_rotting___Mail_Online

dailymail.co.uk より

コーヒー豆のうちある種類のものは抗菌効果があるために、虫歯の原因となるバイキンを殺す作用によって「虫歯予防」になるという内容です。コーヒーが殺菌効果を発揮するためには「砂糖無し」が条件でありあと「濃いコーヒー」である必要があります。

どのような実験でブラックコーヒーの虫歯予防効果を確かめたのか

リオデジャネイロの大学で行われた実験ですが、虫歯の原因と考えられている歯垢のバイオフィルムをある種類のコーヒー豆から抽出された成分が破壊することを突き止めたのです。

実験には子供の乳歯と唾液が使用されていますので、年齢を重ねたオッサンの虫歯予防になるかどうかは今回の報告では明確になっていないのが残念です。

やっぱりあのポリフェノールが良いんですよ、体には

今までもコーヒーって体に良いと言う報告を何回かブログにして来ました。最近では糖尿病を防ぐ効果も判明しています。コーヒーが健康によいとされるメカニズムに必ずからんでくるのが「ポリフェノール」です。

コーヒー1杯を余分に飲むと糖尿病のリスクが減る❗コーヒーvs紅茶も決着か?

コーヒー1杯を余分に飲むと糖尿病のリスクが減る❗コーヒーvs紅茶も決着か?

日々、何かしらのルーチンをこなすことで健康に良いのだと安心したい・信じたいものです。青汁をはじめとした健康食品はそこをついてきています。でも、もっとカジュアルに、嗜好品が健康によいのならばお手軽です。毎日コーヒーを飲む人は多いと思いますが、コーヒーは健康にいいのか悪いのか論争の決着がついについた模様です。

赤ワインによる地中海ダイエットもポリフェノールが効果を発揮していることが予測されていますし、前立腺がんのリスクを減少させることも認められています。さらには肝臓のガンにもなりにくいし、コーヒーって体に良い影響をあたえるのは間違いのない事実となりつつあります。

コーヒーを飲むとガンになりやすいってデータも無くはないんですけど

コーヒーを大量に飲むと死亡リスクが高まるって論文も存在します。

死亡リスクがコーヒー1日4杯飲むと高まるって本当?

死亡リスクがコーヒー1日4杯飲むと高まるって本当?

コーヒーは健康によいのか悪いのか、いつも様々な説が登場しては世間を賑わせます。何事も過ぎたるは、なお及ばざるが如し。酒は百薬の長という故事がありますが適量の酒はどんな良薬よりも効果があるという意味です。ではコーヒーの場合の適量はどれくらいなのでしょうか?1日4杯以上で死亡リスクが高まるという論文について検証します。

しかし、この論文は過去に書かれた論文を解析する手法をとっていますのでコーヒー大量飲み傾向の人自体が強烈なストレスを受ける環境で仕事あるいは生活をしていたことまでは調査できていません。

もともとコーヒーを好む人が死亡率が高いという可能性もあるんですが、多くの論文によって「コーヒーは○○病のリスクを減少させる」という傾向が主流となっています。ここで注意が一つあります。今からコーヒーを飲んでも病気になりにくくなるという前向きの調査のものは今のところあまり見かけませんが、今回の「ブラックコーヒーが虫歯を予防する」というのは生活背景などを検証しないでもありうる話です。

でも、子供に虫歯の予防のコーヒーを飲ませよう!って結論にはなっていませんので注意してくださいませ。

一般診療
診療日
月・火・水・金
9:30~12:30/15:00~18:30

土 9:30~12:30
休診日
木・日・祝
受付時間
9:00〜12:15/14:30〜18:15

内科・泌尿器科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7000

美容診療
診療日
月・火・水・木・金・土
10:00~18:30

※完全予約制です。ご予約はお電話ください。
休診日
日・祝
受付時間
10:00〜18:30

美容外科・美容皮膚科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7015

© 2021 GOHONGI CLINIC 五本木クリニック