五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科泌尿器科の検査生検

生検

生検とは

病気の診断のために、がんなど病変の一部を採取し、その組織片を顕微鏡などで調べる検査です。画像検査や内視鏡検査など各種検査を経たのち、最終的に生検で診断を確定し、治療方針や治療方法などを決定します。

検査方法

麻酔をかけ、メスや針、内視鏡などで病変部の一部を採取します。前立腺では皮膚に穿刺針を刺して採取するときには、超音波検査などで採取する部位を明らかにしながら行います。採取した組織片を染色し、顕微鏡で組織の形などを観察します(病理検査)。

検査項目

穿刺針による針生検、切開して病変組織片を採取する切開生検、内視鏡で病変部を観察して組織片を採取する内視鏡下生検など

当クリニックの考え方

PSAが高いとすぐに前立腺の生検をすることはありません。

当院でも生検は行っており、特長として日帰りで行っております。

検査によるがんの検出率は他施設と比較してもそん色のないものです。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。