五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科泌尿器科の検査造影CT検査

造影CT検査

造影CT検査とは

ヨード造影剤を使用して行うのが造影CT検査です。これに対して造影剤を使用しない検査を、単純CT検査といいます。

CT検査では、人体に対してX線を全方向から照射します。検査する部位を通過するX線の透過性の差をコンピュータで解析し、体内を輪切りにした画像を撮影します。CT検査はさまざまな病気の診断に利用されていますが、単純CT検査では小さな病変や、正常部位とのX線透過性の差がほとんどない病変などは、診断が難しいことがあります。これに対して造影CT検査では、造影剤を使用することで血管や尿路が造影されるため明瞭な画像が得られ、より正確な診断が可能です。

ヨード造影剤にアレルギーがある人にはこの検査はできません。また、放射線被ばく量は単純CTに比べて多くなります。

検査で分かる病気

  • 腎腫瘍
  • 腎梗塞
  • 腎血管異常
  • 尿路腫瘍

など

検査方法

ネックレスや腕時計など、身につけている金属類を外します。検査着に着替えてCT装置の寝台にあお向けに寝て、ガントリーというドーナッツ状の装置の中に入ります。造影剤を腕の静脈から注入し、検査する部位にX線を照射して撮影します。検査中は検査技師の指示に従い動きを止めましょう。

午前中に検査する場合は朝食を、午後に検査する場合は昼食を摂らないようにします。検査後、造影剤は尿とともに排泄されるので、多めに水分を摂るとよいでしょう。

検査項目

泌尿器の病気:腎腫瘍、腎梗塞、腎血管異常、尿路腫瘍など

当クリニックの考え方

当院では必要に応じて連携先を紹介しております。前立腺がんの場合は造影CTでは検出しにくいのでMRIを行っていただくようにしています。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。