一般診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-50-5929

一般診療TEL03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

美容診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-70-5929

一般診療TEL03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木・日・祝日休)

2019年のトンデモさん、ニセ医学の総ざらい10大トピック!!

「トンデモ」という言葉が本来の意味から拡大して使用されています。本人は真面目に語っているけど、誰だ見てもヘンテコな内容の本を「トンデモ本」と名付けた「と学会」が1995年に「トンデモ本の世界」を出版したことが原点です。その後、「トンデモ」は偽物やインチキを意味するように変遷しました。今回はトンデモの定義に則って2019年の「トンデモさん」の活躍ぶりを振り返ってみます。

本年もトンデモさんは続々と湧き出てきました

暮れも押し迫ってきました。トンデモやニセ医学についてブログを書き出して、6年以上経過しました。かわいげのあるトンデモさん、ひと様に明らかに迷惑をかける、なかには命に関わる間違った医療情報で満載のネットです。

私が2019年にブログにアップしたトンデモ医学やニセ医学を総ざらいして来年のトンデモ・ニセ医療業界の動向を探ってみますね。

人の命を左右しかねない間違ったニセ医学

新年早々、例のトンデモ武田邦彦教授の「喫煙はアルツハイマー型認知症の予防になる」説に関するブログを書きました。

喫煙はアルツハイマー型認知症の予防になる!?週刊新潮のトンデモ記事に物申す!!

このブログ、実は大失敗を私をしてしまって、日付を2018年と書いちゃったんだよね。武田邦彦教授のヘンテコなお話を私も取材協力は惜しまない週刊新潮が掲載してしまったことを批判したものです。

知ってか知らずかは不明ですけど、武田邦彦教授は「透析患者が増えている原因は薬害である」とのこれまたヘンテコなご意見を述べています。

医療に関して、またまた武田邦彦教授が根拠のないトンデモ話を拡散!?

現在透析を受けている患者さんの数が増加するのは当たり前、だって健康管理が昔より改善されているのですから

来年も武田教授の動向からは目が離せません。

芸風は変わらないトンデモ界の大御所とも言える船瀬俊介氏

以前から化学物質の危険性を必要以上に煽って、信者とも言える人々をゲットしてきた船瀬俊介氏。私は船瀬氏のことを、「電磁波怖い怖いさん」と密かにネーミングしていましたが、そのネーミングは大正解だったようです。

「次世代通信規格5Gでムクドリが大量死!!」ってデマを後押ししたトンデモさんへ。

海外ではデマ認定されている次世代通信規格5Gの健康面への悪影響を週刊誌の女性自身でご披露していました(あっ、そういえば女性自身も私は取材協力しているっけ)。

予想以上にトンデモさんが世の中に蔓延っているため、こんなブログも書きました。

患者さんがトンデモ健康法の信者だった場合、医師の対応策は「まずは敵を知ろう!」だよ。!

健康の秘訣は「左回りにあった」なんて一般書籍が販売されていることに驚いた人も多かったようですが、私の書棚はこっち方面の書籍で溢れかえっています。

私の書棚のごくごく一部です

信頼できる健康情報サイトよりトンデモ系ニセ医学情報サイトの方が人気があるのかも

家庭用品メーカーのフマキラーが運営しているサイトでさえこの有様でした。

フマキラーさま、信頼できると判断した情報源による健康関連記事は明らかにトンデモです。

医学的に全く根拠のない話なのに、蚊に刺されたらアルカリ性の石鹸で洗うことを推奨していたのです。現在は記事は取り下げになってます・・当たり前じゃん。しかし、こんないい加減な健康関連情報をわざわざ社内で慎重に精査する必要があるのかねえ。

過去のトンデモ系ニセ医学と判断していた「水素水」関連、私が甘かった。いまだに水素水あるいは一般家庭で入手できる水素発生装置が健康に良いと考えている人が多数存在しているようです。

トンデモ系ニセ医学が後を絶たない理由⋯科学リテラシー不足が原因では無いかも。

大人になるにつれて科学的な知識や常識が消え去っていくのです。トンデモさんやニセ医学を信じ切っている人を、「理系の知識が足りない」とか「義務教育受けているか」的に批判することはやめましょう、騙された人が悪いのではなく、騙す方が悪い、との私の思想信条を強く訴えたブログです(ってそこまで力を入れる必要も無いか)。

医師がニセ医学信奉者を実際に診察したときの注意点

トンデモさん方面はある意味で面白がって様子を伺っていても重大な健康問題が発生することは少ないと判断しています。しかし、明らかに健康を害するニセ医学は大問題。そこで医療関係者にぜひ読んでもらいたいと考えて「医師が知らないニセ医学」シリーズを開始しました。

医師が知らないニセ医学その1 EM菌の医療への応用はトンデモだよ

力を入れて書いたつもりなんですが、現時点ではあまり人気は無いです(涙)。医師の多くが実はネット情報というかソーシャルを情報収集手段として使用していないのが問題だと思うんだけどなあ。

ネット上で某市会議員が暴論を拡散していたことも知らない医師が多数なんです。

あの、伊勢崎市会議員のトンデモ伊藤純子氏に喧嘩を売られたっぽい。

Twitterで積極的に正しい医療情報を伝えている医療関係者の参加によって、このヘンテコな議員さんは現時点では沈黙しているっぽいけどね。

2019年暮れも押し迫って大型のトンデモさんが登場しました

この案件はニセ医学として非難されるべきものではなく、皆さんで笑いましょう的トンデモの典型です。

インスタで拡散している「肛門日光浴」は久々の大型トンデモ医学案件です(笑)

広大な敷地をお持ちの方はこのトンデモ健康法をお試しになるのはご自由です。住宅事情に恵まれていない日本で肛門日光浴を行ったらかなりマズイことになりそうですよね。私としては家人にこの健康法を実践している姿を見られても嫌ですし、子供に見られたとしたら父親の面目は丸潰れでしょうね。

2019年、最後の最後にトンデモが登場しました。

「モヤさま2」で放送された「水素水を使った足湯デトックス」はトンデモの二乗だよ!!

以前から仕組みはインチキだよ、とお伝えしていた足湯デトックスです。なんと本年は水素水までご利用になった足湯デトックスが登場して、私が好きな番組である「モヤモヤさまぁーず2」で取り上げられたのです。

まあ、さまぁ〜ずのノリですから、全体の流れとしては許せますけど、登場した水素水をプラスした足湯デトックスをおこなっている店舗の人の能書きが酷すぎました。この水素水をトッピングした足湯デトックス、調べれば調べるほど怪しさ満点かつエステや整体院で人気があるようなんで、トンデモから人様に迷惑をかけるニセ医学に発展しそうな予感がします。

そういえばこんな本を本年出しました(わざとらしいか笑)。

Amazonでも、紀伊国屋書店でも、全国書店ネットワークでもお買い上げいただけます。電子書籍版も出しましたので、年末年始をニセ医学やトンデモをご堪能くださいませ。