毎度お騒がせのヒルドイド、使い続けると皮膚はたるむのか?

毎度お騒がせの処方薬「ヒルドイド」、ヒルドイドを長期に渡って皮膚に塗っていると将来的に皮膚がたるむ、との話が出回っています。

ヒルドイドの副作用として皮膚がたるんでしまうことはありえるのでしょうか?ヒルドイドは医師の処方箋が必要な処方薬ですから、皮膚がたるむどころじゃない重篤な副作用もあるかもしれません。

ヒルドイドを使い続けると将来皮膚がたるんでしまう可能性を検証

ネット上で「ヒルドイドを使い続けると皮膚がたるむ」との話を見かけました。

ヒルドイドで皮膚がたるむ

Twitter以外のSNSでも、ヒルドイドには線維芽細胞の増殖を抑える効果があるんだから、使い続けると皮膚がたるむ・肌がたるむのでは無いか?との話になっているようです。

ヒルドイドの薬学的な効果は添付文書によれば以下のようになっています。

  • 血液凝固抑制作用
  • 血流量増加作用
  • 血腫消退促進作用
  • 角質水分保持増強作用
  • 線維芽細胞増殖抑制作用

線維芽細胞増殖抑制作用、つまり線維芽細胞(fibroblast)は肌のはりを保つためのコラーゲンやエラスチンを作り出すのに必要な細胞だから、この線維芽細胞が増えることをヒルドイドは抑え込んでしまう、そのために皮膚がたるむ、という非常にロジカルな話なのです。

ヒルドイドはケロイドに有効だから皮膚がたるむ?

さらにヒルドイドを肌に塗り続けると皮膚がたるんでしまう、との話の根拠としてヒルドイドの効果・効能であるケロイドを治す点を指摘している情報もあります。

ネットで「ヒルドイドを使うと将来顔がたるむ」と噂されているのかと言うと、これはヒルドイドのもつサブ効果のケロイド改善作用が発端となっています。

https://rakukuru.com/column/hirudoid-and-saggy/

あの〜っ、ケロイドの原因って体質的な要素が強いためだと医学的には理解されていますし(参考文献:日本皮膚科学会「ケロイド」)、ケロイドは皮膚の真皮という部分で長らく炎症が続くことによって、その刺激によってコラーゲン(膠原線維)が増殖して盛り上がるのであり(参考文献:日本医科大学「ケロイド・傷あと外来」など)、通常の皮膚における線維芽細胞の抑制効果や皮膚をたるませる効果は確認されているのかなぁ。

両論併記:ヒルドイドは皮膚のたるみを予防する、との説もあり

ヒルドイドの使用によって将来的に皮膚がたるむ説とは真逆のヒルドイドによって皮膚のたるみを予防できる説も出回っています。世の中的に両論併記が流行っているようなのでヒルドイドたるみ改善説もご紹介しておきますね。

ヘパリン類似物質(ヒルドイド・ビーソフテン)は青クマ、目の下のたるみ予防に効果あり

https://aoki-tsuyoshi.com/column/antiageing_eye/26461

目の下のたるみをヒルドイドが予防してくれる理由として、保湿効果をこの医師監修の記事は挙げています。たしかに「ヘパリン類似物質の保湿作用メカニズム : 天然保湿因子を中心に」(The Nishinihon journal of dermatology 69(1), 51-56, 2007-02-01)によれば角層水分量の減少は認められていますが、肌のたるみをおさえる効果は報告されていません。

ヒルドイドはあくまで医師の処方箋が必要な「医療用医薬品」であり「処方せん医薬品」です。医師の診断がマストである理由として、個人個人のその時の病気の症状にあわせてチョイスされるべき薬であるからですよね。肌のたるみや目の下のたるみ改善を目指すならヒルドイドじゃなくて、市販薬やコスメでやってね(効果があるかどうかは知らんけど)。

ヒルマイルドはヒルドイドのOTCと考えて差し支えなさそうですから、必要以上に副作用を恐れることはなさそうです。ヒルドイドの保険適用外使用が問題になっていますので、保湿効果を期待するのであれば市販薬をご利用くださいね。

私はヒルドイド関連でこんなことを経験しています。

ヒルドイドの重篤な副作用に注意

副作用と同じように一般の方が解釈している有害事象というものがあります。ネット上の有害事象の噂を恐れるあまりに、薬をやめてしまう人さえ出ています。

ヒルドイドの有害事象として

  • 出血
  • 尿潜血陽性
  • リンパ節膿瘍
  • 接触皮膚炎
  • アナフィラキシー反応

などが報告されています。さらには最終的には死亡した症例も有害事象としての報告が独立行政法人医薬品医療機器総合機構にあがっています。

有害事象=副作用では無いことにご注意ください。

少なくとも有害事象としてもヒルドイドで皮膚がたるむとの報告はありません。結論としてヒルドイドで皮膚がたるむ、あるいは肌がたるむことは無いと判断しても問題無いです。

もしも、皮膚がたるんでしまったら解決方法はこれ❗

ヒルドイドが原因じゃなくても、当然老化によって肌はたるみます。私もいままで数々の美容皮膚科的なアプローチで上まぶたのたるみを改善というかごまかしてきましたが・・・ついに美容外科的な治療を先日受けました。

上まぶたのたるみ

手術直後はこんな感じ。

上まぶたのたるみを解消する眉下切開症例

手術直後でちょっと目がパッチリしすぎですけど、翌日には自然な感じに仕上がっています。抜糸したら体験レポートとしますね!

この記事のURLとタイトルをコピーしてシェアする際にペーストする
タイトルとURLをコピーする

執筆した医師

桑満おさむ医師

このブログ記事の筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

医学情報を、難解な医学論文をエビデンスとしつつも誰にでもわかるようにやさしく紹介していきます。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読するインスタで桑満おさむ医師のアカウントをフォローする