体温と免疫

熱が出た・・・これは風邪やウイルス感染に対して発熱することで免疫系を活性化させ、感染の原因微生物(病原体)の増殖をおさえる正常な反応です。体は熱いのに手足が冷え切っている時は、体を冷ます汗を出さないようにしている、つまり熱がまだ足りない時です。このように免疫は非常に複雑な仕組みですから、逆説的に体温をあげれば免疫が強くなる、というのはもっともらしそうで、全然違うのです。

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読するfeedlyで五本木クリニックのブログをinoreaderで購読