五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科血尿

血尿

血尿とは

血尿は、尿に赤血球が混じる状態を言います。
目で見て明らかに血が混じっている場合を肉眼的血尿、検査によって赤血球が混じっている場合を顕微鏡的血尿と言い、健康診断では潜血反応プラスと表現されます。
※潜血については尿潜血ページをご参照ください

症状

  • 肉眼的血尿−肉眼的に血が尿に混じっていると確認することができる
  • 顕微鏡的血尿−肉眼的には分からないが健診などの検査で尿潜血陽性となる
  • 症候性血尿−排尿痛や背部痛などの症状がある
  • 無症候性血尿−何も症状が無いのに血尿がでる

原因

症候性の血尿の代表的な原因疾患は、尿路感染症(膀胱炎尿道炎など)と尿路結石症です。
無症候性の血尿の原因で注意しなければならないのは膀胱がんなどの尿路悪性腫瘍なので、痛みなどの症状が全く無くても検査の必要があります。
その他、IgA腎症などの腎炎の可能性もあります。

診断と検査

尿検査で血液反応があれば、血尿の診断ができます。更に、尿細胞診と呼ばれる詳しい検査をして、尿中に悪性腫瘍の細胞が混じっていないかを判定します。超音波断層法により、腎臓、膀胱をチェックして石、腫瘍が無いかチェックします。
尿検査で白血球が混じっている場合は、膀胱炎などの尿路感染症を疑って検査を薦めます。

当クリニックの考え方・治療方法

当クリニックでは、採血、尿細胞診、超音波検査などで総合的に血尿の原因精査を行っています。
膀胱炎などの尿路感染症の場合は、抗菌剤の使用で治療することが可能です。
結石が原因の場合は、痛みなどの症状に対応した治療を行っていきます。
腎炎が原因の場合は、蛋白尿が認められ、更に血液検査を行うことで診断できます。
持続的な肉眼的血尿は原因を診断する必要があります。また、突発的な血尿(原因が特定できない)の場合であっても、万が一の見逃しを防ぐために、数ヶ月ごとの定期チェックを行なっていきます。悪性腫瘍で代表的なものは膀胱がんです。
原因を突き止めるために、なるべく患者さんの苦痛を伴わない非侵襲的(痛みなどのダメージがない)な検査を先行しますが、それでも原因が分からない場合は、CTなどの更に詳しい検査のために連携している病院のご紹介をしています。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。